*

【本】『とっぴんぱらりの風太郎』

公開日: :

『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学著/文藝春秋)

とっぴんぱらりのぷう」と言われても普通はピンと来ないかもしれません。

昔話の終わりに使われる決まり文句で,
はい,これでおしまい
めでたし,めでたし
という意味があります。あらためて調べると,秋田や山形方面の方言だそうです。

最初にこのタイトル『とっぴんぱらりの風太郎』を見た時に「とっぴんぱらりのふうたろう」と読んだのですが,これは「とっぴんぱらりのぷうたろう」と読むのが正しい。

主人公の名前は「風太郎(ぷうたろう)」だからで,しかも,「ただいま忍者失業中」のニート。つまり,「とっぴんぱらりのぷう」と「プー太郎」が掛詞になっている。

万城目学はタイトルでこんな仕掛けをしてきています。楽しい予感が広がります。

これまで『鴨川ホルモー』『ホルモー六景』『あをによし鹿男』『プリンセス・トヨトミ』『偉大なるしゅららぼん』と読み続けてきていて,この本の出版に気づいていなかったのはうかつでした。

「新しく出てたのか!」と早速Kindle版で購入。
布団に潜り込んでから読み始めたのですが…

これまでの万城目ワールドの匂は十分にあります。
登場人物のちょっと抜けているキャラクターが醸し出すおかしみは,今回も変わりません。
あれよあれよと言う間に,本人の意思とは違う方向で大きな流れに飲み込まれ,やがてそれを糧に人間的にも成長するところがあり,大いに笑い,ちょっとホロっとするところがあり…

しかし,この小説はこれまでと一線を画すところがあります。
やはり江戸時代初期という舞台設定,忍者失格の烙印を押されているという主人公の設定,そういったものが,これまでの小説と違って,何ともいえない悲しみが胸をつきます。

後半は,「大いに笑い,すこしホロッと」という感じではなく,胸に迫るモノがあるなか,読むのを止めるのが惜しくなるぐらいの勢いで一気に最後まで走り抜けることになります。

これまで忍者小説は,池波正太郎,司馬遼太郎のものをずいぶんと読みましたが,そこで描かれてきた忍者という特殊集団の悲しみが,万城目ワールドで描かれているのに大いに驚きながら読みました。

気になる方は是非。

関連記事

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好きという人から,特定の分野にこだ

記事を読む

【本】『必ず儲かる 沖縄観光ビジネス』

マインドマップ公認インストラクター仲間に,渡口昇さんという方がいます。 渡口さんは,沖縄の恩納

記事を読む

【英語】「英単語学習の大革命!?Part3」

文脈を無視しない Kindleを使っての英単語学習の話を書こうと思って,前置きが長くなりすぎました

記事を読む

【本】『八つ墓村』(横溝正史)

たぁたりじゃー 『八つ墓村』は,私が小学校に入学した年,昭和52(1977)年に封切られました。

記事を読む

no image

【本】リサ・ランドール 異次元は存在する

NHK「未来の提言」から 2007年5月発売ですが,おそらく放送自体は2005年ではないかと思いま

記事を読む

no image

【本・マインドマップ】ふだん使いのマインドマップ

実際,どうなの?マインドマップって? 「マインドマップ」という言葉は聞いたことはあるし,本を読んで

記事を読む

【本】『易入門』

『易』の二面性 『易経』には二つの側面があります。 その成り立ちの本来の姿というべきか,「占いの

記事を読む

【本】『ビジネスパーソンのための易経入門』

占いでもなく哲学でもない 『易経』とはなんぞや?というと,常に問題になるのは「易の二面性」です。

記事を読む

【本】『春秋左氏伝 ビギナーズクラシック』

『易経』を学ぶなら外せない古典 『易経』が,本来は「占筮の書」であることは誰しもご存知でしょう。

記事を読む

【本】『春画入門』

「春画展」〜見逃せない美術展〜 昨年の秋,東京の永青文庫にて「春画展」が開催されました。 春

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

  • 2014年3月
        4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑