*

【本】『とっぴんぱらりの風太郎』

公開日: :

『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学著/文藝春秋)

とっぴんぱらりのぷう」と言われても普通はピンと来ないかもしれません。

昔話の終わりに使われる決まり文句で,
はい,これでおしまい
めでたし,めでたし
という意味があります。あらためて調べると,秋田や山形方面の方言だそうです。

最初にこのタイトル『とっぴんぱらりの風太郎』を見た時に「とっぴんぱらりのふうたろう」と読んだのですが,これは「とっぴんぱらりのぷうたろう」と読むのが正しい。

主人公の名前は「風太郎(ぷうたろう)」だからで,しかも,「ただいま忍者失業中」のニート。つまり,「とっぴんぱらりのぷう」と「プー太郎」が掛詞になっている。

万城目学はタイトルでこんな仕掛けをしてきています。楽しい予感が広がります。

これまで『鴨川ホルモー』『ホルモー六景』『あをによし鹿男』『プリンセス・トヨトミ』『偉大なるしゅららぼん』と読み続けてきていて,この本の出版に気づいていなかったのはうかつでした。

「新しく出てたのか!」と早速Kindle版で購入。
布団に潜り込んでから読み始めたのですが…

これまでの万城目ワールドの匂は十分にあります。
登場人物のちょっと抜けているキャラクターが醸し出すおかしみは,今回も変わりません。
あれよあれよと言う間に,本人の意思とは違う方向で大きな流れに飲み込まれ,やがてそれを糧に人間的にも成長するところがあり,大いに笑い,ちょっとホロっとするところがあり…

しかし,この小説はこれまでと一線を画すところがあります。
やはり江戸時代初期という舞台設定,忍者失格の烙印を押されているという主人公の設定,そういったものが,これまでの小説と違って,何ともいえない悲しみが胸をつきます。

後半は,「大いに笑い,すこしホロッと」という感じではなく,胸に迫るモノがあるなか,読むのを止めるのが惜しくなるぐらいの勢いで一気に最後まで走り抜けることになります。

これまで忍者小説は,池波正太郎,司馬遼太郎のものをずいぶんと読みましたが,そこで描かれてきた忍者という特殊集団の悲しみが,万城目ワールドで描かれているのに大いに驚きながら読みました。

気になる方は是非。

関連記事

【本】『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』

『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』 先日,大阪梅田の紀伊國屋書店に立ち寄ったとき

記事を読む

【本】『授業に生かすマインドマップ』

具体的にどう使うの? マインドマップが役に立つらしい… そういうことは耳にしたことがあっても,で

記事を読む

【本】『易断に見る明治諸事件』

「鉄道の日」に易聖を偲ぶ 今日,10月14日は「鉄道の日」 明治5年に,新橋駅と横浜駅間で鉄道が

記事を読む

【本】ボールジャグリング百科

ジャグリングの独学は結構辛いもの ボールジャグリングに興味を持ったものの,身近に指導者がいるわけで

記事を読む

【本】『オロビアンコの奇跡』(追記あり)

赤・白・緑の目を引くリボン いわゆる「ブランドもの」については,自分の好きな分野に関してはとことん

記事を読む

no image

【読書】『嫌われる勇気』

正月明けに書いたマインドマップなので,ちょっと前のものなのですが,最近またあらためて仲間内でアドラー

記事を読む

no image

【本】【雑感】芥川賞

芥川賞受賞作品『火花』の増刷 ラジオを聴いていると,芥川賞を受賞した『火花』(又吉直樹著)がさらに

記事を読む

【Amazon】Kindleの新モデル

一度使うと手放せない 日本向けのKindleが発売されてすぐは品薄で入手困難でしたが,しばらくして

記事を読む

【本】『孫子・三十六計』

『ザ・プロフィット』の参考図書として「孫子」が出てくるので買ってみました。 『三国志演義』や『項羽

記事を読む

【本】『高い城の男』

もしも日本が戦勝国なら・・・ 第二次世界大戦が終了して70年という節目の時期に,「もしも日本が戦勝

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2014年3月
        4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑