*

【易経MM】易経・八卦のイメージ

公開日: : マインドマップ, 易経

i-ching8ke

易経とマインドマップは相性がいい…というのはずっと以前から考えていました。

マインドマップではイメージを重視します。
易経も実は同じです。
易は,太極から陰と陽が生まれます。
その陰と陽が3つ重なったものを「卦(か)」と呼びます。
こういうのです。
Ken Kon Kan Ri_
直線1本が「陽」で,分かれているのが「陰」です。
陰と陽の2種類を3本組み合わせると…2の3乗で8種類できます。
これが「八卦(はっか)」です。良く「当たるも八卦,当たらぬも八卦」の「八卦」です(一般には「はっけ」と言いますが,易では本来「はっか」と読みます)

で,この卦の形からイメージを膨らませて意味を持たせています。
例えば…上に挙げた4つの卦のうち,一番右の「Ri_」ですが,これは「離」という卦で「火」を表します。
ロウソクの火に割り箸をさしてみると,炎の中心よりも周辺の方が高温なのが分かります。真ん中は実は温度が低い。「Ri_」も,真ん中の陰を2本の陽が挟んでいます。真ん中が暗くて,周りが明るい…「火」を表しているのです。

易では陰と陽を重ね合わせて基本の八卦が出来,それをさらに重ね合わせて六十四の卦が生まれるのですが,その基本において,イメージがしっかりとある。

その巧妙さは実に素晴らしいものがあります。

それが私が易に魅せられている理由でもあります。
世界の捉え方が,何と言うか心地いいのです。

その心地よさを何とか多くの人に伝えることができないか?

とずっと考えていました。

その手始めに,「イメージ」というキーワードで相性がいいマインドマップを使って,易の世界を捉え直すことができないか…ということで,基本となる八卦についてまとめてみました。

まだまだホンの触りしか表せていないのですが,これからさらに追求してみたいテーマです。

関連記事

【毎日易経まとめ】澤山咸から火水未済(『易経』下巻)

『易経』下巻 澤山咸から火水未済まで 【毎日易経】彖に曰く,咸は感なり。柔上りて剛下り,二気感応し

記事を読む

【易経】「音読まとめ(2周目)『坤為地』」

『易経』音読まとめ(その4)2周目 前回の『易経』音読まとめ(その3)2周目では,『乾為天』につい

記事を読む

no image

iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,その講義録にマインドマップを使う

記事を読む

no image

【本】『ジャグリングで始める驚異の能力開発』

以前に,ジャグリングが脳の活性化,能力開発にとても有効だということをブログに書きました。

記事を読む

【本】『黄小娥の易入門』

易占入門の大ベストセラー 最初,昭和36年(1961年)に発売されて,大ベストセラーとなった本のリ

記事を読む

【本】『ビジネスパーソンのための易経入門』

占いでもなく哲学でもない 『易経』とはなんぞや?というと,常に問題になるのは「易の二面性」です。

記事を読む

【易経・本】『易を読むために』

『易を読むために 易学基礎講座』(黒岩重人著・藤原書店) 試しに「易経」をキーワードに

記事を読む

【本】『易聖・高島嘉右衛門 乾坤一代男』

易聖・高島嘉右衛門の軌跡 7月19日付のブログ記事で『「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間で,最もiMindMapに造詣の深い金子さんが

記事を読む

【マインドマップ】ステッドラー トリプラスファインライナー36色

人気上位のカラーペン トリプラスファインライナー 先日は,三菱のピュアカラー36色をご紹介したとこ

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑