*

英語でマインドマップ 奈良ビッグマインドマップ

公開日: : マインドマップ, 英語・英会話

英語でマインドマップ

もともとマインドマップが英国生まれということもあってか,マインドマップは英語の方が描きやすいと感じることが時々あります。

単語の区切りがハッキリしているので「一つののブランチに一つのキーワード」というのに対応しやすいからかもしれません。

また漢字と違ってアルファベットの方が,文字の装飾もしやすいです。漢字は形が複雑なので,大きくするのは良いのですが,太く書くとたまに文字がつぶれて却って読みにくくなることもあります。

とはいえ,英語で描くのはそんなに簡単なことではありません。
普段,あまり英文を書かないので,「あれ?これのスペル合ってるかな?」と不安になることもしばしば…そんなときに強力な助っ人になるのがiMindMapです

iMIndMapのスペルチェック機能

普段の日本語入力では邪魔になる(キーワードの下に赤線が入る)のでオフにしていますが,英語で入力するならスペルチェックはオンに!

そうすれば,もし間違っていれば「違うよ」と表示されます。
合ってたら何も言われないわけですから,ドンドン進めばいいのです。

奈良ビッグマインドマップ・イベントを世界に発信!

奈良・平城宮跡朱雀門前の広場で開催する「奈良平成ルネッサンス ビッグマインドマップ」は,世界にも発信したいイベントです。こんなことを日本でやってるよ!と知って欲しいというのが主催者のメンバー共通の思いです。

世界に発信!というのは一つのキーワードです。

ホームページ(ブログ)に載せて,Twitterでつぶやけば,確かに世界に向けて発信してはいますが,事実上,それでみんなに届いているわけではありません。

ということで,イベントの中味をiMIndMapを使って英語で描いて,それをTwitterでつぶやく。その時に,Tony Buzanに向けて発信すれば,Retweetしてくれます。トニーのフォローをしている世界中のマインドマッパー達がそれを目にすることになります。

一人でも二人でも,日本の面白い試みを知ってくれると嬉しいなぁ。

みんなに届け!と描いたマップはこちらです。

Nara BMM English ver

関連記事

【ラジオ英会話】2014.4.11

ラジオ英会話のお楽しみのひとつが,「Listen For It!」のコーナーです。 だいたい模

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』店頭ディスプレイ

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間の金子さんが書かれた『デジタルマインドマップ超

記事を読む

【本】『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』

『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』 先日,大阪梅田の紀伊國屋書店に立ち寄ったとき

記事を読む

【ラジオ英会話】2014.4.1

【今日のフレーズ】 Say It!のコーナーから You're never too ol

記事を読む

no image

マインドマップの活用に関する調査

マインドマップって,実際にどんなところに役に立つの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないで

記事を読む

【マインドマップ】ピュアカラー36色

マインドマップを描く道具 マインドマップを描くために必要なものといえば, 紙(A4以上が望ましい

記事を読む

【ラジオ英会話】2014.4.3

今日のスキットはInvesting in Stocks(株に投資する)ということで,少し固めのトピッ

記事を読む

【マインドマップ】ステッドラー トリプラスファインライナー36色

人気上位のカラーペン トリプラスファインライナー 先日は,三菱のピュアカラー36色をご紹介したとこ

記事を読む

【ラジオ英会話】2014.04.07

NHKラジオ英会話も2週目がスタートしました。 今週のテーマは「Lost Opportunit

記事を読む

【ラジオ英会話】2014年3月31日放送分

今日からNHKラジオの語学講座が一斉開講。 毎年のことですが… 4月病というべきか,とりあえ

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑