*

【マインドマップ】ペンと紙で楽しく遊ぶ

公開日: : マインドマップ, 日常

ペンと紙でワクワクする

ようやくお気に入りのペンと紙のコンビができました。

それがどれくらい嬉しくて楽しいことかというと,ワクワクしてこんなマインドマップを描き始めてしまうぐらいです。

3colorsflowers

元ネタは,NHK趣味Do楽で,6月から7月にかけて放送されていた「ボールペンだけで描ける簡単&かわいいイラスト」講座からです。

第1回の放送が「3色ボールペンで描く」のがテーマで,そのうちの「花」だけをピックアップしてみました。

イラストを簡単に,それもボールペンで描けるコツを知ると,本当に楽しくなってきます。

 

イラストだけ練習

お気に入りの回の一つが動物達のイラスト。

色んな動物のイラストを簡単な線で描くコツを教えてくれました。テキストには,放送で扱わなかったイラストもたくさん載っていて,丁寧に写すだけで,これだけの絵が描けます。

animals

ホントに誰でも簡単にできます。放送はもう終わっていますが,もしテキストが手に入るなら購入されても良いでしょう。「絵が苦手だからなあ」と敬遠されている方も,あっという間に楽しく描けるようになるでしょう。

落書きは楽しい

落書きしているうちに脳がどんどん元気になってくるのが分かります。

昔,授業中に「つまらないな…」と思いながら,教科書やノートの隅に落書きをしたことがある方は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

脳はいつでも「楽しいこと」を求めています。落書きをしていることが,脳の元気に繋がります。

それは勉強だけでなく,仕事でも,日常生活でも。

マインドマップの本質

マインドマップの本質は,ノート術,思考術というよりも,落書き術。落書きしながら,脳を活性化させ,もともと持っている力を引き出し,記憶したり,情報を整理したり,アイデアを生み出したりする。

そういう楽しさがあるからこそ,マインドマップは子供から大人まで,誰にでも使える,使って便利なツールになっているのではないでしょうか?

マインドマップを身につけよう!

楽しく脳を刺激して,よりクリエイティブに!
マインドマップ基礎講座」で楽しく身に付けよう。

関連記事

【お出かけ】神戸ルミナリエ

20年目の節目に 1995年1月17日に,阪神・淡路地域を襲った兵庫県南部地震。 この地震がもた

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間で,最もiMindMapに造詣の深い金子さんが

記事を読む

no image

新たにブログを始めます

みなさん こんにちは ThinkBuzan公認マインドマップインストラクターの須田將昭です。

記事を読む

【USJ】ハリーポッターの世界を楽しむ

ハリーポッターの世界 Harry Potterは,私にとっては「英語再学習」に当たって「加速度」を

記事を読む

no image

iPadからの投稿のテスト

以前からWordPressをiPadにもiPhoneにも入れてはいましたが、実際に稼働はさせていませ

記事を読む

【ラジオ】なんとラジオ出演することに!

なんとラジオ番組に出演! 10月12日に奈良にて「平成ルネッサンス ビッグマインドマップ」というイ

記事を読む

【論語】一簞一瓢

野菜煎餅の素朴な味 「もらいもの」ということで京都の末富さんの「野菜煎餅」をいただきました

記事を読む

no image

【成長】1年前の自分からの手紙

先ほど,郵便受けを覗いたら,アクティブ・ブレイン協会から封筒が届いていました。最初は「小田先生の講演

記事を読む

no image

【マインドマップ】イメージで感じる『易経』超入門

先日,大阪の起業家の勉強会WSWS(Wisdom Sharing Workshop/ウズウズ)で,7

記事を読む

no image

【雑談】ネット時代だからこその謎

マザーテレサの名言(?) このような名言を読んだり,聞いたりしたことはありますか? 思考に気をつ

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑