*

【映画】The Gift(ギフト)

公開日: : 映画

ケイト・ブランシェット様主演

基本的に,有名人に敬称はつけないものですが,ケイト・ブランシェット様だけは特別扱いです。
それはなぜかというと…The Lord of the Rings(ロード・オブ・ザ・リング)The Hobbit(ホビットの冒険)ででてくる,エルフの女王ガラドリエル様の役をされているから(なぜか敬語)。

なんとなく急に映画が観たくなってhuluを見たら,新着映画でケイト・ブランシェット様主演の「The Gift」という映画が出てきたので,ふむふむ。どんな映画かわからないけど見てみよう…そんな軽い気持ちで見始めたのでした。

意外に豪華な出演者

主演はケイト・ブランシェット様。息子の担任にはグレッグ・キニア。「ユー・ガット・メール」でメグ・ライアンの同棲相手だったり,「恋愛小説家」ではゲイの芸術家だったりでおなじみ(?)。
グレッグ・キニアの婚約者役はケイティ・ホームズ。2年ほど前にトム・クルーズと離婚した方…という以外に情報なし。映画で見たのは初めてだと思います。
夫の暴力に悩む女性の相談を受けているケイト様ですが,その暴力夫というのがキアヌ・リーブス。なんてめちゃくちゃ乱暴でひどい男の役なんでしょう。
結構重要な役どころでジョヴァンニ・リビシ。「アバター」などヒットした映画にも出ているのですが,私がちゃんと見ていないという(あらあら)。この人の演技が一番光っていたかも。

ビビりまくりのサスペンス

よくよく見たら,こんなキャッチコピーが。

サム・ライミ監督×ケイト・ブランシェット他豪華キャストで贈る心臓が凍りつく衝撃作! “超感覚 (ギフト)”を与えられた彼女だけが、この事件を解き明かすことができる…。

心臓が凍りつくって…(後から気づいた)

ホラー映画はあまり見ないのですが,ついつい見てしまったのがやや失敗だったかと思うぐらい,ビビりまくり(冷や汗)。映画を見るときには部屋を暗くして,画面に集中してみるようにするのですが,途中何度も「ビクっ」となるシーンがありまして。

結構ビビらされました。ゾンビ映画なんて平気な私ですが,やはり人間の精神が絡むサイコ系はちと本気で怖いかもしれません。

評価

あえてストーリーの細かいところは申しませんが,ケイト・ブランシェット様に授けられた特殊な超常能力で事件の解決に向かうのですが,そこにはただただ「超常現象」「オカルト物」ということで終わらずに,ちゃんと人の心と向き合う姿もあるし,ただ怖い怖い系の映画ではないところが救いでした。

でももう1回見るかというと,もういいかな…ということで,5点中3.5点ってところかなぁ。3点じゃ低いけど4点はつけすぎかなって感じ。

関連記事

no image

【映画】インセプション

huluで気晴らし ここ数日,アレルギー性と思しき咳と喉の痛みでやや低調気味。 今日の午後はとに

記事を読む

no image

【映画】『怪盗グルーの月泥棒』

あけましておめでとうございます もう2日になってしまいましたが,みなさま,新年あけましておめでとう

記事を読む

【映画】『エヴェレスト 神々の山嶺』

映像化不能と言われた作品の映画化 昨年秋に「ついに映画化される」という情報を耳にして,ずっと楽しみ

記事を読む

no image

【映画】『四月物語』

『四月物語』 主演:松たか子 監督:岩井俊二 1998年公開 この季節,ラジオから2日に

記事を読む

【映画】『インサイドヘッド』

頭の中では何が? 今日は久しぶりに映画館に足を運んで『インサイドヘッド』をみてきました。 「

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑