*

【論語】一簞一瓢

公開日: : 日常

野菜煎餅の素朴な味

IMG_3495

「もらいもの」ということで京都の末富さんの「野菜煎餅」をいただきました。
城南宮さんでもお下がりでいただくのがこの野菜煎餅のように思います。

薄いおせんべいで,素朴でかつ爽やかな味がします。

「一簞一瓢」の文字

さてこの包装紙には「一簞一瓢」と書かれてありました。(「簞」の字は「簞」の古い字です)

これはどんな意味の言葉だろう?と思って調べると,こんなところにたどりつきました。

子曰く,賢なるかな回や。一簞の食(し),一瓢の飲,陋巷(ろうこう)に在り。人は其の憂いに堪えず,回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や。
(『論語』巻第三 雍也第六・岩波文庫)

なんと『論語』の中の言葉に由来がありました。

現代語訳すると,

孔子がおっしゃった。「回(顔回)はえらいなあ。わりご一杯の飯と,ひさご一杯の汁だけで,せまくむさくるしいところで住んでいる。普通の人ならそんな辛い生活に堪えられないだろう。回は(そんな粗末な暮らしにあっても)その楽しみをあらためることがない。回は本当にえらいなあ」

こんな感じでしょうか。

わりごというのは竹で編んだ器。ひさごはお椀をイメージしていいでしょう。

一杯のご飯,一杯の汁だけの粗末な暮らしに十分楽しみを見出していく回の心の持ちようを,孔子は褒めています。

それが煎餅の包装紙にさりげなく書かれてある。

これまで気がつかなかったのですが,大切な心の持ちかただなあ・・・とあらためて感じました。

関連記事

【ご挨拶】良いお年を!

2014年 スタートの年でした あと4時間弱で2014年も暮れようとしています。 2013年

記事を読む

no image

【日常】京都市新庁舎基本計画のお話

家で仕事をしている時は,ラジオをかけながらというのが基本スタイル。そのほとんどがFMαステーションを

記事を読む

no image

初夏の京都、北山の眺め

今日は所用で京都に来て、五条近辺を歩いておりました。 五条大橋から比叡山を眺めると、もうすっか

記事を読む

【成長】『一年前の自分からの手紙』PART2

先日,「【成長】1年前の自分からの手紙」という記事を書きました。 アクティブ・ブレイン協会主催の「夢

記事を読む

no image

【Mac】【Yosemite】日本語入力変換のトラブル

ずっと「ことえり」を愛用してきました Macを使い始めて早18年。 ずっと酷評されていた「こ

記事を読む

【日常】スーツケースの修理(完了)

3月の末に,スーツケースを修理に出しました。 その時の記事はこちら。 キャリーバッグの修理

記事を読む

【感謝】ご縁のありがたさ

  昨日は東京に向かう両親を京都駅で見送った後,昼からのアポまで時間に余裕があったの

記事を読む

【天文】皆既月食観察記録

ギリギリ間に合ったー 2014年10月8日,3年ぶりの皆既月食が起こりましたが,みなさんは観察され

記事を読む

【マインドマップ】ペンと紙で楽しく遊ぶ

ペンと紙でワクワクする ようやくお気に入りのペンと紙のコンビができました。 それがどれくらい

記事を読む

【初体験】ROOTS66

ライブに行ったことがない クラシックコンサートには何度か,ピアノとバイオリンのリサイタルという感じ

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2015年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑