*

【本】『壬生義士伝』(浅田次郎著)

公開日: : おススメ,

浅田次郎との出会い

浅田次郎の本との最初の出会いは,20年近く前に『ビジネスジャンプ』に連載されていた『きんぴか』の原作者・・・というぐらいの認識しかありませんでした。

数年前,ちょっと競馬に凝っていた時期には『競馬どんぶり』というエッセーも読みました。(これは実に奥深い,面白いエッセーでした。これもオススメです。)

誰もが知っているような『鉄道員(ぽっぽや)』などなど,いくらでも人気のある本があるのにちゃんと読んだことがなかった作家でした。

それがKindle版でふとダウンロードしたのがこの『壬生義士伝 上 (文春文庫)』でした。

なにげなく読み始めて,「しまった,これは適当に読むような本じゃないぞ」ということに気づきました。

間違っても電車の中で「ふんふん〜」と気楽に読むような娯楽小説じゃない。

ぎりぎりと,生き方というものを,義というものを,どう捉えるか,どう考えるかを突きつけてくる,そういう物語でした。

義士ニ御座候

主人公は,新撰組で最も強かったと言われる吉村貫一郎。南部藩を脱藩してきた吉村と関わった人たちの昔語りを聞き取りながら,話が進みます。

一人の視点ではなく,多くの人の,それぞれの立場からの語りで,一人の人生を浮き上がらせていくという手法は実に見事です。
この吉村貫一郎の凄みのある人生が,重層的に,立体的にありありと迫ってくるのです。

それだけに気軽に読みにくく,なかなか読み通す時間が取れなかったのですが,なんとかようやく読破しました。

最後は涙,涙。本を読みながら,ここまで涙するのは,そうはなかったかと。

あまり書くと「ネタバレ」になるので控えますが,「誠之南部武士ニテ御座候 義士ニ御座候」と繰り返される最後のくだりは,胸をえぐられるような思いで読みました。

島原という街

新撰組の屯所は,京都の壬生あたりにあったとされています。
JRの丹波口駅近くには,島原と言われる花街の名残があります。

今も当時の面影を残す「角屋」さんなど趣のある街並みになっています。

そういえば,浅田次郎の本に『輪違屋糸里』という小説がありますが,その「輪違屋」さんも,今もこの島原の地に残るお茶屋です。

15年ほど前,仕事で関わりがあったのですが,またあらためてゆっくり訪れてみたいと思いました。

関連記事

【易経】『リーダーの易経』

龍の物語で読み解く『易経』の入門書 待ちに待った新刊 易経研究家の竹村亞希子先生の最新刊が出まし

記事を読む

【映画】『エヴェレスト 神々の山嶺』

映像化不能と言われた作品の映画化 昨年秋に「ついに映画化される」という情報を耳にして,ずっと楽しみ

記事を読む

【映画】『インサイドヘッド』

頭の中では何が? 今日は久しぶりに映画館に足を運んで『インサイドヘッド』をみてきました。 「

記事を読む

【本】『易聖・高島嘉右衛門 乾坤一代男』

易聖・高島嘉右衛門の軌跡 7月19日付のブログ記事で『「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生

記事を読む

【USJ】ハリーポッターの世界を楽しむ

ハリーポッターの世界 Harry Potterは,私にとっては「英語再学習」に当たって「加速度」を

記事を読む

おとなの塗り絵の楽しみ

噂には聞いていたけれども… 「大人の塗り絵」というフレーズを耳にするようになったのは,何年ぐらい前

記事を読む

no image

【本】世界で一番素敵な 夜空の教室

一番明るい星ってどれ? ずいぶんと更新をさぼっていました。 今日は久しぶりの投稿ですが,「星

記事を読む

【本】ボールジャグリング百科

ジャグリングの独学は結構辛いもの ボールジャグリングに興味を持ったものの,身近に指導者がいるわけで

記事を読む

【本】Newton別冊 数学の世界 

「0」がもしなかったら 「『0』の発見」は,数学の授業ではなくむしろ世界で出てくるトピックかもしれ

記事を読む

【本】『黄小娥の易入門』

易占入門の大ベストセラー 最初,昭和36年(1961年)に発売されて,大ベストセラーとなった本のリ

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2015年3月
    « 2月   4月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑