*

【本】『三国志』(吉川英治)

公開日: : おススメ,

「無料」という名の誘惑

世の中に『三国志』ファンは多かろうと思いますが,その最初が「吉川三国志」だったという人もまた少なくないかと思います。

その「吉川三国志」が,著者没後50年を経たことで今は無料で楽しむことができます。

ここでは「序」だけを挙げましたが,全部で12巻あります。
ひとつひとつダウンロードすれば無料ですが,12巻まとめた合本を200円程度で販売しているのもあるので,面倒なのは嫌だという方はそちらを取るのもいいでしょう。
三国志 全巻 第2版』などがそうです。

私は「吉川三国志」は読んでいなかったので,これはありがたいと,全巻ダウンロードしたのでした。

『三国志』との出会い

私が『三国志』に出会ったのは,小学生の頃,「少年少女名作集」か何かの「リライト本」でした。簡単に名場面だけをまとめた一冊で,それでも十分に壮大なロマンを味わうことができました。

ほどなくして始まったのが,NHKの『人形劇 三国志
』でした。

多少,曹操を悪者にしすぎている嫌いはあるにしても,本当に素晴らしい人形の演技で,いろんな名場面が今もなお脳裏に残っています。
そのときの原作扱いだったのは『三国志演義(立間祥介訳)』でした。
確か当時は8冊本で,表紙はテレビの人形劇の写真がそのまま使われていました。

小学生には難しかったはずですが,むさぼるように読んだ記憶があります。

面白くてたまらなかったんですね。『演義』なので,講談調になっています。
各回の終わりには「前門には虎,後門には龍,まさに絶体絶命の危機,劉備の運命やいかに!それは次回に」といった調子で結ばれているので,切りはいいものの,そこで止まれなかったのです。

『三国志演義』と「吉川三国志」

『三国志演義』は,さまざまな形で受け継がれていた「三国志」を,明の時代に羅漢中がまとめたものです。
時代がかなり隔たっていますから,相当の脚色もあちこちに入っています。
それでも,今となってはそれがまた「受け継がれたもの」と捉えていいだろうと思います。

それを踏まえてさらに吉川英治の脚色が加わったのが「吉川三国志」です。
端的には諸葛亮孔明が亡くなったところで物語を止めているところでわかるかと思います。
『三国志演義』では,その後を受け継いだ姜維伯約らの活躍も描きますが,吉川英治は「ここまで」と筆を止めています(その理由は,『篇外余禄』に著者自身が語っていますので,私は触れないでおきます)。

どちらがいい,悪いではなく,それぞれが「摂受」の形だと知って,読むと楽しいかと思います。
横山光輝の漫画で読むのも同じです。それもひとつの形なのです。

いろんな形で受け継がれている『三国志』。
それを無料で楽しめるのですから,これは見逃す手はないだろうと思います。

さて,長くなってしまったので,『三国志』の中身はまたあらためて書くことにします。

 

関連記事

【マインドマップ】ニーモシネがリニューアル(していました)

マインドマップ用のノートとは? マインドマップを描く道具は「紙とカラーペン」というのは,昨日のエン

記事を読む

【中つ国】THE ART OF THE LORD OF THE RINGS

久々に「中つ国」ネタ 最近,このブログに書くことといったら『易経』か,それに関連して東洋思想だった

記事を読む

【絵本】『りんごかもしれない』

親父の一言 「なんかマインドマップに近いもんがあるんちゃうか?」と親父がいきなり切り出したのが,「

記事を読む

【モバイル】iPhone6 プラス使用感

気がつけば1週間経過 先週のブログで書いたとおり,1月の末にiPhoneとiPadをリニューアルし

記事を読む

【易経】『リーダーの易経』

龍の物語で読み解く『易経』の入門書 待ちに待った新刊 易経研究家の竹村亞希子先生の最新刊が出まし

記事を読む

no image

【本】『算数的思考法』

「算数」と「数学」の違い 小学生の間は「算数」と呼び,中学以降は「数学」と呼びます。 なぜなんで

記事を読む

【映画】『インサイドヘッド』

頭の中では何が? 今日は久しぶりに映画館に足を運んで『インサイドヘッド』をみてきました。 「

記事を読む

【本】日経サイエンス9月号(2014年) 特集『記憶』

あなたは3年前の今日,何をしていたか覚えていますか? 今月の日経サイエンス2014年09月号の特集

記事を読む

【本】『春秋左氏伝 ビギナーズクラシック』

『易経』を学ぶなら外せない古典 『易経』が,本来は「占筮の書」であることは誰しもご存知でしょう。

記事を読む

【マインドマップ】ピュアカラー36色

マインドマップを描く道具 マインドマップを描くために必要なものといえば, 紙(A4以上が望ましい

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2015年7月
    « 6月   8月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑