*

【本】【雑感】芥川賞

公開日: : 日常,

芥川賞受賞作品『火花』の増刷

ラジオを聴いていると,芥川賞を受賞した『火花』(又吉直樹著)がさらに増刷だとのこと。

芥川受賞作品のミリオンセラー(100万部超)は,綿矢りさの『蹴りたい背中』以来だとか。

すごいもんだなぁと思いながらニュースを聞きました。
なかなか本が売れないと言われている時期に,これだけ売れるというのはよほどいろんな歯車がかっちりハマった証でしょうねぇ。

芥川賞受賞作品を振り返って

ふと「自分は過去に芥川賞の作品を買ったことがあるだろうか?」と思って振り返ると,受賞で話題になったことをきっかけに買ったのはたった2冊でした。

平野啓一郎が,京大在学中に書いた小説『日蝕』で当時史上最年少での受賞をしたときと,中国人作家の楊逸が日本語で書いた小説ということで大きく話題になった『時が滲む朝』の2冊だけ。

前者は年齢が近いことの親近感と,三島由紀夫好きには「三島由紀夫の再来」という評価などが興味をそそられての購入。

後者は,当時,かけだしぐらいの日本語教師として,外国人が日本語で小説を書くとどうなるのかということへの関心,扱われている材料が全く自分と同じタイムラインで流れていくことへの関心などがありました(主人公の年齢設定は私と同い年です)。

それ以外の作品は,ある程度時間が経って文庫本化されて,それからさらに時間が経ってから読んでいるようです。ざっと見ても1割も読んでない。いや,

結局,自分にとっては芥川賞ってその程度の反応しか引き起こさないものと再確認。
よっぽどそのときの自分にピタッとはまる何かを感じないと読まないし,過去の受賞作品は時を経て,他の作品も読んだ上で,そのうちの1冊という感じで読むかどうか。

今回の『火花』にあまりに自分が無関心なんで,「なぜだ?」と思ったのですが,これで平常でした。

別に「新人の書いた小説を読むほど暇じゃない」といった,そんな偉そうなことをいうつもりは全然なくて,私が小説を読むという行為の中に求めているものから見れば,受賞した作品をすぐに読もうとする行為は一致しないだけです。

こうして振り返ると「読む」という行為はなかなかに面白いものです。

Kindle版は?

結構どの本屋でも売り切れ続出だそうで,それでの「緊急増刷」だそうですが,単行本より296円(2割以上)安いKindle版があるのに,それでも紙の方が売れているんでしょうか?
Kindle版なら,クリック直後にはダウンロードが始まって,数分後には読み始められますが。。。

あるいはKindle版はもっと売れているとか?
だとすれば,その売れ行きを足すと,120万部どころの騒ぎじゃないように思えます。

すごいことです。

関連記事

【本】こんなふうに教わりたかった!中学数学教室

算数・数学のお勉強 2月からマインドマップセミナー講師のつながりから,RAKUTO神戸岡本校でのお

記事を読む

no image

【散歩】今昔:暗い山道

  今日も運動不足解消に…と,「かいがけの道」から「傍示の里」まで歩いてきま

記事を読む

【映画】『エヴェレスト 神々の山嶺』

映像化不能と言われた作品の映画化 昨年秋に「ついに映画化される」という情報を耳にして,ずっと楽しみ

記事を読む

【本】『重力とは何か』

アインシュタインの予想から100年後の快挙 先日(2016年2月11日),アメリカを中心とした国際

記事を読む

【本】『黄小娥の易入門』

易占入門の大ベストセラー 最初,昭和36年(1961年)に発売されて,大ベストセラーとなった本のリ

記事を読む

no image

キャリーバッグの修理

今日はとても良い天気ですね。 晴れ渡る青空…とはいかず、春霞がかかっていますが。 さて、今日はこれ

記事を読む

【本】『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』

『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』 先日,大阪梅田の紀伊國屋書店に立ち寄ったとき

記事を読む

【本】『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』

村上春樹のファンという照れくささ 「今年こそノーベル文学賞を受賞するのでは?」…と毎年,日本中から

記事を読む

【本】『ビジネスパーソンのための易経入門』

占いでもなく哲学でもない 『易経』とはなんぞや?というと,常に問題になるのは「易の二面性」です。

記事を読む

no image

【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。 角川文庫から出版されていた

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

  • 2015年7月
    « 6月   8月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑