*

【本】『男の風格をつくる論語』

公開日: : , 東洋思想 , ,

やっぱり『論語』

6月末にふと「論語普及会」の本部を訪ねました。

安岡正篤先生の『易学のしおり』という本を販売されているのを見つけたからだったのですが,買って帰りの電車の中で読み始めると,なんとそれは『易経講座』のもとになった講座の記録で,中身的にはほとんど読んだものでした。

でもそれはそれとして,「論語普及会」の本部が大阪にあるということも,『論語』に関連したさまざまな講座を開講されていることもついぞ知らなかったとは,不覚もいいところ・・・と思ったところでした。

そのことがきっかけで,少しあらためて『論語』を手に取ろう・・・という流れで買ったのが,この『男の風格をつくる論語』でした。

やっぱり『論語』に触れていなければ・・・と思ったからです。

伊與田先生のこと

著者の伊與田先生は,安岡正篤先生の高弟で,『論語』に関して言えば,7歳の頃から素読を始めて,ほぼ92年以上,一日として触れなかった日はないと話されています。
論語普及会が出している『仮名論語』を一字,一字,心をこめて書写されたのも伊與田先生です。

今回買った『男の風格をつくる論語』は昨年(平成26年),五回にわたって講演された内容をまとめられたものですが,講演録というのは,読んでいて染み渡る感じがあって非常にありがたい。

わかりますか?これでどう?こう言えばわかるかな?伝わるかな?という思いをこめて話してくださるのが,伝わります。読む方も「はい!(ここはキレ良く)」と思いながら,対話しながら読みます。

タイトルには・・・難あり

とはいえ,「男の風格をつくる」というタイトルは個人的には少し・・・女性の読者をあらかじめ遠ざけてしまうような感じがして残念な気がします。

というのも,本の中身が「男たるものかくあるべし」みたいな話では決してないからです。
孔子がどのような人であったか,その孔子が語り,その言葉をつむいでいった弟子たちはどのような人であったか。
そして『論語』とはどのような書物か。

そういうことを伝えた本であって,決して,女性が読んでダメなところはどこにもないからです。

『論語』をどのように読み,どのように理解し,どのように活かしていくのか。
心に染み入る優しい語り口調で,中身はもちろん厳しい諭しもありますが,そのような本です。

『論語』が気になっている方には,ぜひオススメです。

関連記事

【本】『人生と陽明学』

安岡正篤活学シリーズ PHP文庫の活学シリーズの第2弾に当たるのが,この『人生と陽明学 (PHP文

記事を読む

【本】『孫子・三十六計』

『ザ・プロフィット』の参考図書として「孫子」が出てくるので買ってみました。 『三国志演義』や『項羽

記事を読む

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好きという人から,特定の分野にこだ

記事を読む

【中つ国】『指輪物語』の原書コレクション

60th記念版 『指輪物語』原書 映画『ロード・オブ・ザ・リング』が公開されてもう10年が経ちます

記事を読む

no image

【本】『ジャグリングで始める驚異の能力開発』

以前に,ジャグリングが脳の活性化,能力開発にとても有効だということをブログに書きました。

記事を読む

【本・漫画】『鉄子の育て方』

久々にピンときた漫画 私が漫画をよく読むようになったのは大学に入ってから。 そのあと漫画喫茶で『

記事を読む

【本】韓非子 ビギナーズ・クラシック

名前だけは知っている 古代中国の春秋・戦国時代に様々な学者が現れ,それぞれの考えを大いに喧伝しまし

記事を読む

【本】『高い城の男』

もしも日本が戦勝国なら・・・ 第二次世界大戦が終了して70年という節目の時期に,「もしも日本が戦勝

記事を読む

【本】『易入門』

『易』の二面性 『易経』には二つの側面があります。 その成り立ちの本来の姿というべきか,「占いの

記事を読む

【本】「ラジオ番組表・2015春」

ラジオ雑誌を買ってみた ラジオ関連の雑誌は,機器類に関するマニアックなものが多い,という印象なので

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑