*

【本】『春秋左氏伝 ビギナーズクラシック』

公開日: : 易経, , 東洋思想 , , ,

『易経』を学ぶなら外せない古典

『易経』が,本来は「占筮の書」であることは誰しもご存知でしょう。
その『易経』が実際にどのように占われてきたのか,どのような結果をもたらしてきたのか・・・ということを教えてくれるのが歴史書です。

中でも『春秋左氏伝』は,易の本を読むと「左氏伝ではこのような占例がある」と紹介されています。

ということで,『易経』をもっと立体的に理解しようと思うと外せない古典なのが『春秋左氏伝』です。

買ってはみたものの

さて,この『春秋左氏伝』ですが,買ってみたものの出てくる国も多く,しかもその時々で同盟していたり,敵対していたりで,なかなか本文を理解するのは難しい。丁寧に読めばいいのですが,分量も相当あるので,なかなか読み進まないのもじれったく感じます。

そんなときにふと目に止まったのがこの『春秋左氏伝 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)』です。

まずこれで全体像を掴んでからもう一度読み直してみるといいかも,と思ったのです。

ビギナーズクラシックとは言うが「簡単」ではない

Kindle版で310円(2015年8月現在)ということもあって,早速ダウンロードして読み始めてみました。

「ビギナーズクラシック」シリーズがどの程度のレベルの読者を想定しているのかはわかりませんが,言うほど「簡単」には書いてありません。
結構難解なところは残ります。

ただ,『春秋』という書物の記録から何をどう読み取るのか,ということについての着眼点の解説は有益でした。わざわざ書いてある,記述して残したってことはそこに意味があるから,ということはあらためて「ははあ,なるほど」と感じるところでした。

そこから解釈を深める読み方が生まれたのだということのようです。

ゆっくり読み直す

『三国志』の中でも筆頭人気武将の関羽が愛読したと言われる『春秋左氏伝』。
読んでみると,当時の中国における価値観であったり,ものの見方であったり,出来事の詳細な理解であったり,さまざまな知識が詰まっているのがわかります。

私にとっては『春秋左氏伝』を学ぶことが目的ではないので,ゆっくり全体をつかむような読み方で,少しずつ読み進めたいと思っています。

 

関連記事

【本】日経サイエンス9月号(2014年) 特集『記憶』

あなたは3年前の今日,何をしていたか覚えていますか? 今月の日経サイエンス2014年09月号の特集

記事を読む

【本】『横浜をつくった男』

易聖・高島嘉右衛門 『易経』に興味を持って,少し勉強すれば,必ずこの名前を目にします。 易聖・高

記事を読む

【本】『ビジネスパーソンのための易経入門』

占いでもなく哲学でもない 『易経』とはなんぞや?というと,常に問題になるのは「易の二面性」です。

記事を読む

【本】『重力とは何か』

アインシュタインの予想から100年後の快挙 先日(2016年2月11日),アメリカを中心とした国際

記事を読む

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好きという人から,特定の分野にこだ

記事を読む

只管音読 國弘流英語の話し方

同時通訳の神様 國弘正雄氏の訃報に接して 同時通訳の神様と言われた國弘正雄氏がお亡くなりになりまし

記事を読む

【易経講座】「坤為地」「水雷屯」

昨日(5/19)は,盛和塾北大阪支部自主例会主催の「易経講座」にオブザーバー参加してきました。

記事を読む

【易経】音読の素材

2月に竹村亞希子先生の易経講座を受講して以来,毎日少しずつ『易経』の本文,そして「繋辞伝」を音読して

記事を読む

【易経】『リーダーの易経』

龍の物語で読み解く『易経』の入門書 待ちに待った新刊 易経研究家の竹村亞希子先生の最新刊が出まし

記事を読む

【本】『男の風格をつくる論語』

やっぱり『論語』 6月末にふと「論語普及会」の本部を訪ねました。 安岡正篤先生の『易学のしお

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑