*

【中つ国】THE ART OF THE LORD OF THE RINGS

公開日: : 中つ国,

久々に「中つ国」ネタ

最近,このブログに書くことといったら『易経』か,それに関連して東洋思想だったり,『三国志』だったりすることが多かったのですが,久々に「中つ国」ネタを書きます。

『指輪物語』の原書『The Lord of the Rings』をはじめ,「中つ国」関連の本に関しては,イギリスのHarper Collinsという出版社が大元になります。

そしてその出版社が,「公式オンラインストア」を設けています。「原書ファン」にとっては,魔境というか聖地というか・・・

魅力的な装丁の本を出してくれるので,見ているだけでも楽しいというか物欲が刺激されて苦しいというか・・・(どっちなんだか)

新刊の案内のDMが届いたので,久々に覗いてみたところ・・・

THE ART OF THE LORD OF THE RINGS

新刊にはあまり興味は沸いておらず,ちらっと見ただけで,そのあとはなにげなく商品ラインナップをチェック。

「特に欲しくなるような新しいものはないかなあ」と思って油断していたところでした・・・

2ページに分かれていたラインナップの「next」を何気なく押したところ,1冊だけ表示されたのが,「THE ART OF THE LORD OF THE RINGS」でした。

な,なんだ?こんな本は見たことがないぞ?!

慌てて詳細を読もうとクリックしたところ

「Product The Art of the Lord of the Rings is out of stock.(在庫なし)」という表示とともに詳しい解説がありました。

とりあえず「在庫なし」ってことは,短期間だけ売り出された特別版だったのかなぁ・・・
買えなかったのは悔しいけど,まあ,それはそれで諦めがつくってもんだ・・・

と思って発売日をチェックすると「8/10/2015」とあります。
イギリス式ですから,日本では「2015年10月8日」ってことで・・・

あら,まだ出てなかったのですか。。ということはAmazonでなんということもなく買えてしまうのかな・・・と調べたら・・・ありました。

まいったなぁ・・・£25.00と表示されていて,現段階では5000円弱ほどの価格表示。
これから1ヶ月半で値段も多少変動するでしょうが,ああ,これはとても素敵な本なのは確信できる・・・ああ・・・

と,さも迷ったかのような書き方をしていますが,ものの数分後には予約完了しておりました。。。

THE ART OF・・・の魅力

THE ART OF THE HOBBITを持っているのですが,見ているだけで物語の世界が何倍にも広がるのです。しかも,作者が思い描いた世界観が中心で描かれているので,ある意味「正しい」広がり方をするのです。

ですから,THE ART OF THE LORD OF THE RINGSもきっとその期待に応えてくれるはずです。

本が届いたら,またあらためてきちんとご紹介したいと思います。

 

関連記事

【辞典類】日本語の表記は奥深いので…

今朝のメルマガに書いた話なのですが… まぐまぐ「1日1粒!『幸せのタネ』」2014年4月17日

記事を読む

no image

【本・マインドマップ】ふだん使いのマインドマップ

実際,どうなの?マインドマップって? 「マインドマップ」という言葉は聞いたことはあるし,本を読んで

記事を読む

【本】『横浜をつくった男』

易聖・高島嘉右衛門 『易経』に興味を持って,少し勉強すれば,必ずこの名前を目にします。 易聖・高

記事を読む

【本】『春秋左氏伝 ビギナーズクラシック』

『易経』を学ぶなら外せない古典 『易経』が,本来は「占筮の書」であることは誰しもご存知でしょう。

記事を読む

no image

【本】『孟子』

松蔭の愛した『孟子』 日頃から『易経』を手にしているのですが,『論語』を始めとする四書五経を一通り

記事を読む

no image

【本】【雑感】芥川賞

芥川賞受賞作品『火花』の増刷 ラジオを聴いていると,芥川賞を受賞した『火花』(又吉直樹著)がさらに

記事を読む

【本】DIVE!!

おすすめの本とは? 先日,ラジオで「中高生向けおすすめの本」という話題で投稿募集があり,なんと1位

記事を読む

no image

【本】『竜馬がゆく』

15歳の春に 司馬遼太郎の小説に初めて「はまった」のが,この『竜馬がゆく(文春文庫)』だったと記憶

記事を読む

【本】『壬生義士伝』(浅田次郎著)

浅田次郎との出会い 浅田次郎の本との最初の出会いは,20年近く前に『ビジネスジャンプ』に連載されて

記事を読む

【本】『ビジネスパーソンのための易経入門』

占いでもなく哲学でもない 『易経』とはなんぞや?というと,常に問題になるのは「易の二面性」です。

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑