*

【本】『易断に見る明治諸事件』

「鉄道の日」に易聖を偲ぶ

今日,10月14日は「鉄道の日」
明治5年に,新橋駅と横浜駅間で鉄道が開通した日を記念して制定されました。
※当時は旧暦なので,新暦に換算してですが。

この鉄道の開通の裏舞台には,易聖と言われた高島嘉右衛門がいました。

高島嘉右衛門は,明治の初期,文明開化に沸く日本を大いに盛り上げた一事業家です。
でも,ただの事業家ではありません。

必要とあれば,私財をなげうって大きな事業を行っては国に献納してしまうようなところもありました。

鉄道の開通にあたっても,迂回をしなくて済むように海を埋め立て,線路がまっすぐひけるようにし,しかもその土地は献納してしまいます。

高島町という町名が今の残っていますが,この時の功績によるものです。

易占して百占して百中

高島嘉右衛門の易占については,これまでにも,『横浜をつくった男』や『易聖・高島嘉右衛門 乾坤一代男』と読んできました(それぞれの感想はリンク先をごらんください)。

今回の『易断に見る明治諸事件―西南の役から伊藤博文の暗殺まで (中公文庫)』は,『横浜をつくった男』の著者高木彬光に易を学んだそうです。

いわば師弟で高島嘉右衛門について書いているわけで,その辺を読み比べてみると面白いでしょう。

感覚的には,師匠の高木の方が物語としてのダイナミックさがあって読んでて楽しく,弟子の片岡は史実なり記録なりを書き起こしている・・・という感じが強くなります。

その分,易占例は豊富に挙げられていますので,勉強にもなることでしょう。

今は絶版になっているのが難点ですが,手頃なのが見つかったら,易占に興味のある方にはオススメです。

関連記事

【易経】『リーダーの易経』

龍の物語で読み解く『易経』の入門書 待ちに待った新刊 易経研究家の竹村亞希子先生の最新刊が出まし

記事を読む

【本】『壬生義士伝』(浅田次郎著)

浅田次郎との出会い 浅田次郎の本との最初の出会いは,20年近く前に『ビジネスジャンプ』に連載されて

記事を読む

no image

【本】『竜馬がゆく』

15歳の春に 司馬遼太郎の小説に初めて「はまった」のが,この『竜馬がゆく(文春文庫)』だったと記憶

記事を読む

【本】『高い城の男』

もしも日本が戦勝国なら・・・ 第二次世界大戦が終了して70年という節目の時期に,「もしも日本が戦勝

記事を読む

【本】『孫子・三十六計』

『ザ・プロフィット』の参考図書として「孫子」が出てくるので買ってみました。 『三国志演義』や『項羽

記事を読む

【毎日易経まとめ】水雷屯から離為火(『易経』上巻)

Tweet 【毎日易経】から 毎日,Twitterにて【毎日易経】と題して,少しずつ『易経』を音読

記事を読む

【本】『春秋左氏伝 ビギナーズクラシック』

『易経』を学ぶなら外せない古典 『易経』が,本来は「占筮の書」であることは誰しもご存知でしょう。

記事を読む

【本】こんなふうに教わりたかった!中学数学教室

算数・数学のお勉強 2月からマインドマップセミナー講師のつながりから,RAKUTO神戸岡本校でのお

記事を読む

no image

【本】『孟子』

松蔭の愛した『孟子』 日頃から『易経』を手にしているのですが,『論語』を始めとする四書五経を一通り

記事を読む

【本】『あさきゆめみし』

期間限定無料のkindle版 「期間限定無料」というのにひかれてダウンロードしてみました。 高校

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

  • 2015年10月
    « 9月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑