*

【易・本】『最高の人生教科書 易経』

縁尋機妙で導かれた易経との出会い

私が『易経』に興味を持つようになったきっかけは,小田全宏先生との出会いでした。
小田先生が主宰されている「アクティブ・ブレイン」の記憶術セミナーで小田先生に出会い,そこで「縁尋機妙」という言葉を教わりました。

今日,ここにあなたがいること,私がいることは様々な縁があってのこと。
そのひとつひとつを解いていくと,縁とはなんとも妙なるものかな。

それが縁尋機妙です。

そこから安岡正篤先生のお話を聞き,『易経』への関心の扉が開かれていったのでした。

当初は小田先生の易経講座に参加しようかと思っていたのですが,先に本で独学をスタートさせました。

最初は,『易と人生哲学 (致知選書)』(安岡正篤著)がスタートでした。

これも1回は途中で挫折してしまったのですが,2回目でなんとか読み切り,全体像をおぼろげに掴みました。

その次が,同じく安岡正篤先生の『易學入門』。これはかなり難しいのですが,むしろがっちり書かれている本と取り組んだことで,「易は面白い!」ということを感じるようになりました。

そこからは,『易経〈上〉 (岩波文庫)』『易経〈下〉 (岩波文庫 )』と『易―中国古典選〈10〉 (朝日選書)』とどんどん深みにはまっていくことに…

小田先生がついに『易経』の本を執筆

小田先生が『易経』について本を書かれるらしい・・・とは人づてに耳にはしていました。

それがついに実現したのが,この『最高の人生教科書 易経』です。

小田先生のセミナーや講演会で直接お話を聞くのはもちろん,講演会の録音CDを繰り返し聞き,本も読んできた私には,「ああ,なるほど小田先生らしい易の本だな」と感じました。

出版されたのを知り,早速手に入れて一気に読みきりました。

『易経』とどう付き合うか?

私にとっては『易経』はもはや「ライフ・ワークとして,一生をかけて探求しよう」と思ったテーマでもあり,かつそれゆえに「どこまでも修行中の身」という思いはあります。

なにせ勉強を始めてまだ3年に満たない初学者レベルです。
ぼちぼち毎日Twitterでつぶやいたりもしていますが,あくまで自分の勉強の足跡の範囲。

そのレベルの私が,小田先生の本を「批判する」なんておこがましいのですが,率直に感想を述べるならば,『易経』を占いの面からも活用しようとするには,簡便すぎるかなあという気もします。

本文はありません。原文はもちろん,書き下し文もありません。
卦辞,爻辞もありません。
ある卦についての全体的なイメージをわかりやすく書いてある…というものです。

これが良くないか?と言われると,「まあ,これはこれで,こういう付き合い方もあるでしょう」と感じました。

加藤大岳先生の『易学大講座』を初めとして,『易学通変』などを読むと,易のダイナミズムに卒倒するぐらいなのですが,あまりにそれが行き過ぎると「易に淫してはならぬ」という戒めも脳裏に浮かびます。

私自身,「易に淫する」ところが全くないかといわれると,そちらにこころ強く惹かれるところもあるぐらいですので,そういう目から見ると,ある意味「物足りない」ように見えるのはいたしかたありません。

つまるところは,どう付き合うかです。
中国古典,東洋思想の奥深い知恵をどのように人生に活用していくのか?

人によっては『論語』がメインになるかもしれないし,『孫子』かもしれません。
私は『易経』ですが,何を選ぶかも,どう付き合うかも人それぞれ。

この本は,その付き合い方の一つのスタイルというか,姿勢のあり方を知る,というのにはいいかもしれません。

関連記事

no image

舞台裏をお見せします

「マインドマップってどんなものなんですか?」と人に聞かれた時に,手元にノートがあれば内容的に見せても

記事を読む

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好きという人から,特定の分野にこだ

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間で,最もiMindMapに造詣の深い金子さんが

記事を読む

【本】『男の風格をつくる論語』

やっぱり『論語』 6月末にふと「論語普及会」の本部を訪ねました。 安岡正篤先生の『易学のしお

記事を読む

no image

【易経】易が持つイメージ力のすごさ

このブログを作った時に最初に用意したカテゴリーが, マインドマップ 日常 易経・易学 映

記事を読む

【辞典類】日本語の表記は奥深いので…

今朝のメルマガに書いた話なのですが… まぐまぐ「1日1粒!『幸せのタネ』」2014年4月17日

記事を読む

no image

【本】『孟子』

松蔭の愛した『孟子』 日頃から『易経』を手にしているのですが,『論語』を始めとする四書五経を一通り

記事を読む

【本】Hogwartsの図書館から(Harry Potter)

Harry Potterの世界 真面目な本もいいのですが,昔からファンタジーの世界は大好きで,ここ

記事を読む

【本】『黄小娥の易入門』

易占入門の大ベストセラー 最初,昭和36年(1961年)に発売されて,大ベストセラーとなった本のリ

記事を読む

【電子書籍】Kindleニューモデル

新しいKindleが出る AmazonからKindleの新しいモデルが発表されています。 「

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑