*

【易・本】『最高の人生教科書 易経』

縁尋機妙で導かれた易経との出会い

私が『易経』に興味を持つようになったきっかけは,小田全宏先生との出会いでした。
小田先生が主宰されている「アクティブ・ブレイン」の記憶術セミナーで小田先生に出会い,そこで「縁尋機妙」という言葉を教わりました。

今日,ここにあなたがいること,私がいることは様々な縁があってのこと。
そのひとつひとつを解いていくと,縁とはなんとも妙なるものかな。

それが縁尋機妙です。

そこから安岡正篤先生のお話を聞き,『易経』への関心の扉が開かれていったのでした。

当初は小田先生の易経講座に参加しようかと思っていたのですが,先に本で独学をスタートさせました。

最初は,『易と人生哲学 (致知選書)』(安岡正篤著)がスタートでした。

これも1回は途中で挫折してしまったのですが,2回目でなんとか読み切り,全体像をおぼろげに掴みました。

その次が,同じく安岡正篤先生の『易學入門』。これはかなり難しいのですが,むしろがっちり書かれている本と取り組んだことで,「易は面白い!」ということを感じるようになりました。

そこからは,『易経〈上〉 (岩波文庫)』『易経〈下〉 (岩波文庫 )』と『易―中国古典選〈10〉 (朝日選書)』とどんどん深みにはまっていくことに…

小田先生がついに『易経』の本を執筆

小田先生が『易経』について本を書かれるらしい・・・とは人づてに耳にはしていました。

それがついに実現したのが,この『最高の人生教科書 易経』です。

小田先生のセミナーや講演会で直接お話を聞くのはもちろん,講演会の録音CDを繰り返し聞き,本も読んできた私には,「ああ,なるほど小田先生らしい易の本だな」と感じました。

出版されたのを知り,早速手に入れて一気に読みきりました。

『易経』とどう付き合うか?

私にとっては『易経』はもはや「ライフ・ワークとして,一生をかけて探求しよう」と思ったテーマでもあり,かつそれゆえに「どこまでも修行中の身」という思いはあります。

なにせ勉強を始めてまだ3年に満たない初学者レベルです。
ぼちぼち毎日Twitterでつぶやいたりもしていますが,あくまで自分の勉強の足跡の範囲。

そのレベルの私が,小田先生の本を「批判する」なんておこがましいのですが,率直に感想を述べるならば,『易経』を占いの面からも活用しようとするには,簡便すぎるかなあという気もします。

本文はありません。原文はもちろん,書き下し文もありません。
卦辞,爻辞もありません。
ある卦についての全体的なイメージをわかりやすく書いてある…というものです。

これが良くないか?と言われると,「まあ,これはこれで,こういう付き合い方もあるでしょう」と感じました。

加藤大岳先生の『易学大講座』を初めとして,『易学通変』などを読むと,易のダイナミズムに卒倒するぐらいなのですが,あまりにそれが行き過ぎると「易に淫してはならぬ」という戒めも脳裏に浮かびます。

私自身,「易に淫する」ところが全くないかといわれると,そちらにこころ強く惹かれるところもあるぐらいですので,そういう目から見ると,ある意味「物足りない」ように見えるのはいたしかたありません。

つまるところは,どう付き合うかです。
中国古典,東洋思想の奥深い知恵をどのように人生に活用していくのか?

人によっては『論語』がメインになるかもしれないし,『孫子』かもしれません。
私は『易経』ですが,何を選ぶかも,どう付き合うかも人それぞれ。

この本は,その付き合い方の一つのスタイルというか,姿勢のあり方を知る,というのにはいいかもしれません。

関連記事

【本】『授業に生かすマインドマップ』

具体的にどう使うの? マインドマップが役に立つらしい… そういうことは耳にしたことがあっても,で

記事を読む

【Kindle】Harry PotterとKindle

ハリーポッター熱再燃 毎年1回は何かしらで巡って来る「中つ国」熱に比べて,ハリーポッター熱は数年に

記事を読む

【本】『易断に見る明治諸事件』

「鉄道の日」に易聖を偲ぶ 今日,10月14日は「鉄道の日」 明治5年に,新橋駅と横浜駅間で鉄道が

記事を読む

no image

【マインドマップ】デジタルマインドマップの入門書

ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター仲間の金子さんが,iMindMapの入門書を出

記事を読む

【雑誌】ラジオマニア2014

自己ルール 『趣味関連の雑誌について』 できるだけ趣味に絡む雑誌は買わないようにしよう・・・と思っ

記事を読む

【映画】『エヴェレスト 神々の山嶺』

映像化不能と言われた作品の映画化 昨年秋に「ついに映画化される」という情報を耳にして,ずっと楽しみ

記事を読む

no image

【マインドマップ】イメージで感じる『易経』超入門

先日,大阪の起業家の勉強会WSWS(Wisdom Sharing Workshop/ウズウズ)で,7

記事を読む

【毎日易経まとめ】水雷屯から離為火(『易経』上巻)

Tweet 【毎日易経】から 毎日,Twitterにて【毎日易経】と題して,少しずつ『易経』を音読

記事を読む

no image

【本】『竜馬がゆく』

15歳の春に 司馬遼太郎の小説に初めて「はまった」のが,この『竜馬がゆく(文春文庫)』だったと記憶

記事を読む

no image

【本】リサ・ランドール 異次元は存在する

NHK「未来の提言」から 2007年5月発売ですが,おそらく放送自体は2005年ではないかと思いま

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑