*

【本】『重力とは何か』

アインシュタインの予想から100年後の快挙

先日(2016年2月11日),アメリカを中心とした国際研究チームが,世界で初の「重力波」の観測に成功した,というニュースが飛び込んできました(実際にはその前にチラチラと噂らしきものは聞こえていたのですが)。

この重力波は,1916年,アインシュタインが「一般相対性理論」の中で予想していた時空の歪みが伝搬する波動現象です。ちょうど100年経った今年に観測されるとは,本当にワクワクする出来事です。

ノーベル賞もの…というか,ノーベル賞の1個や2個じゃ足りないレベルかもしれません。

でも,多くの人にとっては「何,その,重力波って?」という状態だったと思うのです。

重力ってそもそもなんなのよ?

私たちが地球から飛び出していかなくて行かないのは地球が引っ張っているから…

こういうことは誰でも知っています。ボールを投げたらいつか地上に落ちてくるし,地球がどこにもいかないのは太陽の重力が引っ張っているから…などなど。

でも,そういうことは知っていても,ではそもそも重力がなんなのか?というとよく分からない…となってしまいます。

重力は,宇宙の謎を解明する非常に重要なキーワードです。

太陽(恒星)がなぜ自分であのように輝き,莫大なエネルギーを生み出すのか。

そもそも星(恒星も惑星も衛星も)が生まれるのは重力があればこそ。

また逆に,星が一生を終えるのも重力の働きです。

全ては重力がキーワードになります。

最近,huluで「解明・宇宙の謎」シリーズを視聴していました。ディスカバリーチャンネルの番組ですが,見ていて「つまりは重力なのか…もっと重力のことを知りたいな」と思っていた矢先の発見でした。

ここは専門家にお任せしよう

重力がキーワードなのは番組を見ていてわかってきたのですが,でも,重力のことそのものの理解が深まるわけではありませんでした。

そこで見つけたのがこの『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)』でした。

研究の最先端で活躍されている方が,「かつての高校の同級生で,理系じゃないけど知的好奇心が旺盛な彼に,数式を使わずに説明するなら…」ということを想定して書いた本です。

正直…後半はやや難しくて息切れしてしまいました。

半分は私の責任です。先を読み急いでしまったのです。
なんというか,ミステリー小説で早く犯人を知りたくなってしまって,謎解きをちょいとすっ飛ばしてしまう感覚です。とにかく結末が知りたくなる,先が気になる!という本です。

読み出したら止まらなくなるタイプの本です。

科学,宇宙に興味関心のある人なら,きっと楽しめる本です。

今後,重力波に絡めて科学雑誌で特集が組まれると思いますが,それらの記事を理解する時の強力なベースとなることは間違いありません。おすすめです。

関連記事

no image

【絵本】『もうぬげない』

表紙に惹かれて 絵本を選ぶのは難しいものです。 特に読み聞かせする子供が身近にいるわけではなく,

記事を読む

no image

【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。 (最後の更新が昨年6月末)

記事を読む

【Kindle】Harry PotterとKindle

ハリーポッター熱再燃 毎年1回は何かしらで巡って来る「中つ国」熱に比べて,ハリーポッター熱は数年に

記事を読む

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好きという人から,特定の分野にこだ

記事を読む

no image

【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。 角川文庫から出版されていた

記事を読む

【本】『オロビアンコの奇跡』(追記あり)

赤・白・緑の目を引くリボン いわゆる「ブランドもの」については,自分の好きな分野に関してはとことん

記事を読む

【本】『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』

『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』 先日,大阪梅田の紀伊國屋書店に立ち寄ったとき

記事を読む

おとなの塗り絵の楽しみ

噂には聞いていたけれども… 「大人の塗り絵」というフレーズを耳にするようになったのは,何年ぐらい前

記事を読む

【本】『易断に見る明治諸事件』

「鉄道の日」に易聖を偲ぶ 今日,10月14日は「鉄道の日」 明治5年に,新橋駅と横浜駅間で鉄道が

記事を読む

【本】『八つ墓村』(横溝正史)

たぁたりじゃー 『八つ墓村』は,私が小学校に入学した年,昭和52(1977)年に封切られました。

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑