*

おとなの塗り絵の楽しみ

噂には聞いていたけれども…

「大人の塗り絵」というフレーズを耳にするようになったのは,何年ぐらい前からでしょうか。

前から気にはなっていて,本屋で何度か手に取ったこともあったのですが,ついぞ実際に試すことはありませんでした。

それが先日,文房具店で開催されていたステッドラーのお試しイベントの会場で,おとなの塗り絵初体験をしてしまいました。

丁寧に時間をかけて楽しむもの

スタッフの方が色々話をしてくださってわかったのが,1枚を仕上げるのは一気にやることじゃないということ。

毎日5分とか10分とか短い時間,コツコツやって,何日もかけてゆっくり仕上げればいいもの…だそうです。

それは全然考えたことがありませんでした。

なるほど,毎日少しだけやるのか。気分転換をしたり,寝る前の心を落ち着けたい時間の過ごし方というのにいいかもしれない・・・そんな感じで思いました。

試してみたのは…こちらです

そのイベントで試し塗りさせてもらったのは,『ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック』でした。

IMG_5523

実際の本の中の一枚のみ,80%縮小コピーなのですが,それでも十分に楽しめました。

使った色鉛筆は,ステッドラー 水彩色鉛筆 エルゴソフト24色です。
普段,マインドマップを描くのに使っているものです。

塗り絵をしながら,普段はほとんど試したことのない水彩のテクニック(水筆でなぞってみたり,筆で濡らした色鉛筆で彩色したり)も使ってみました。

これが・・・想像以上に楽しい!面白い!

毎日コツコツやっていたのですが,先日はちょっとまとまった時間ができたので,少し集中してやってみようかな・・・

気づいたら3時間経っていました。おかげで絵は完成したのですが,自分でも驚きました。

普通のおとなに比べたら,マインドマップを描いている分,普段からカラーペンや色鉛筆もたくさん使っている方だと思いますが,それでもこれだけ楽しめたのです。
普段,あまりこうした「色で遊ぶ」ということをされていない人にはもっと新鮮な楽しみになるのではないでしょうか。

これはかなりお勧めできる遊びです。

ゆっくり,焦らず,自分の好きなように好きな色を塗っていく。
無理をしない。合間にちょちょっと塗ってみる。
好きな色を塗っているとそれだけで気持ちも安らかになりますし,寝る前にはピッタリです。

1枚出来上がった時の達成感も大きいです。

カラーペンでも試してみました

イベントではもう1枚もらっていたので,そちらはカラーペンで試してみました。
上の写真の右側です。

こちらはステッドラーのトリプラス ファインライナー36色セットです。

このカラーペンもマインドマップに使っているものですが,細字でしかもキャップを外して放っておいても2日間は乾かないというのがとても使いやすいのです。描いていることに熱中していると,いちいちキャップしているのが面倒な時があるからです。

中でもこの36色セットは単体で買うよりも安くで全色を揃えることができるという,実にお買い得なセットです。
色鉛筆にしてもカラーペンにしても色があればあるほど楽しくなると思います。

もしこれまでおとなの塗り絵をためしたことがないという方がいらしたら,一度,お試しください。

1冊あれば・・・多分,1年以上は楽しめるはずです。

関連記事

【本】『重力とは何か』

アインシュタインの予想から100年後の快挙 先日(2016年2月11日),アメリカを中心とした国際

記事を読む

【Amazon】Kindleの新モデル

一度使うと手放せない 日本向けのKindleが発売されてすぐは品薄で入手困難でしたが,しばらくして

記事を読む

【本】『孫子・三十六計』

『ザ・プロフィット』の参考図書として「孫子」が出てくるので買ってみました。 『三国志演義』や『項羽

記事を読む

【本・漫画】『鉄子の育て方』

久々にピンときた漫画 私が漫画をよく読むようになったのは大学に入ってから。 そのあと漫画喫茶で『

記事を読む

【マインドマップ】ピュアカラー36色

マインドマップを描く道具 マインドマップを描くために必要なものといえば, 紙(A4以上が望ましい

記事を読む

【本】『人生と陽明学』

安岡正篤活学シリーズ PHP文庫の活学シリーズの第2弾に当たるのが,この『人生と陽明学 (PHP文

記事を読む

【本】ボールジャグリング百科

ジャグリングの独学は結構辛いもの ボールジャグリングに興味を持ったものの,身近に指導者がいるわけで

記事を読む

no image

【本】『脳が認める勉強法』

学ぶ前に学ぼう 大学受験であれ,資格取得であれ,大事なことは「効率的な学びの方法」を知っているかど

記事を読む

no image

【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。 角川文庫から出版されていた

記事を読む

【易経】『リーダーの易経』

龍の物語で読み解く『易経』の入門書 待ちに待った新刊 易経研究家の竹村亞希子先生の最新刊が出まし

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2016年3月
    « 2月   4月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑