*

【教育】興味を持たせることの大切さ

公開日: : おススメ, , , ,

コンパスと定規があれば無敵

小学校高学年の頃のことだと思います。

角川文庫から出版されていた『数学物語』(矢野健太郎著)と出会いました。

なにぶん,もう30年以上も前の話ですから細かいことは覚えていませんが,

楔形文字の数字,ローマ数字の話
古代ギリシャの幾何学の話
デカルトやニュートンなど偉大な数学者の話

など,わかりやすく書かれてあったと記憶しています。
くさび形文字での筆算の図もあって,「アラビア数字がいかにわかりやすいか」というのを知ったのもこの本でした。
※当たり前に使っている数字ひとつとっても,実は面白いことが背景にあるんだというのが新鮮でした。

その中だったと思うのですが,古代ギリシャの数学者たちは

コンパスと定規だけで図形の問題を解く

ということに情熱を傾けた,というのが出てきました。

ギリシア三大作図問題

その中でも,「ギリシア三大作図問題」というのがあります。

円と同じ面積の正方形を描け
任意の角を三等分する
与えられた立方体の2倍の体積を持つ立方体を描け

書かれてある問題文自体は非常にシンプルなので,簡単に解けそうな気がします。

しかしながら,結局これらの問題は19世紀になって「コンパスと定規だけでは解くことは不可能」ということが証明されます。

2000年以上にわたって人々を悩ませるというのがすごいと思うのですが,幼心に「コンパスと定規でいろいろ書くのは面白い」ということも印象付けられました。

正五角形を作図せよ

正三角形や正方形はすぐに書けるようになるのですが,正五角形は簡単にはできませんでした。

当時通っていた塾の先生から「やってみろ」と投げかけられて「よし解いてやる!」とかなりの期間,あれやこれやと試行錯誤をしたのを覚えています。

「これで書ける!」と思って先生に見せたところ「むむむ?これは今まで見たことないな」となって非常に喜んだのですが,翌週に「非常に惜しかった。図では書けているように見えているけど,正解じゃない」という不正解宣告が・・・

図では「直線」や「点」といっても微妙なずれが生じますからそれらが積み重なって,解けたように見えたようで,方程式を立てて解いたら,一辺の長さが違っていたのがわかったそうです。

図形と方程式

このときの「図形の問題を計算で解く????」というのがとにかく衝撃的でした。

よくはわからないけど,高度なことを学ぶとそういうことができるんだ,というのがワクワクさせられました。不正解でしたけど,ドキドキした話だったと思います。

そして,今でもそのときの先生に感謝しているのは,私が書いた図形を家できちんと検証してくださったことです。小学生のやったことをそうしてきちんと受け止めてくれた先生の存在というのは非常に大きいことでした。

自分がしてもらって嬉しかったこと,言われて元気が出たこと,やる気が出たことは,自分も子供たちに伝えていきたい・・・と思っているのですが,そういう中で心の中のお手本の先生です。

数学物語(角川ソフィア文庫)

私が読んだ本はすでに絶版ですが,今は図も見やすくなった新版が出ているそうです。
Kindle版もあるようです。
1961年初版ですから,今から半世紀以上前の本ですが今でもいろいろ楽しめることはあるはずです(当時は未解決の難問の話も出てくるかも?)

 

関連記事

【本】『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』

村上春樹のファンという照れくささ 「今年こそノーベル文学賞を受賞するのでは?」…と毎年,日本中から

記事を読む

no image

【本】『脳が認める勉強法』

学ぶ前に学ぼう 大学受験であれ,資格取得であれ,大事なことは「効率的な学びの方法」を知っているかど

記事を読む

【本】『重力とは何か』

アインシュタインの予想から100年後の快挙 先日(2016年2月11日),アメリカを中心とした国際

記事を読む

【マインドマップ】ニーモシネがリニューアル(していました)

マインドマップ用のノートとは? マインドマップを描く道具は「紙とカラーペン」というのは,昨日のエン

記事を読む

【おススメ】パーフェクトペンシル9000番

鉛筆はお好き? 4月といえば入学式。 真新しい鉛筆を筆箱に並べて,ランドセルに入れた時のワクワク

記事を読む

【USJ】ハリーポッターの世界を楽しむ

ハリーポッターの世界 Harry Potterは,私にとっては「英語再学習」に当たって「加速度」を

記事を読む

【本】『男の風格をつくる論語』

やっぱり『論語』 6月末にふと「論語普及会」の本部を訪ねました。 安岡正篤先生の『易学のしお

記事を読む

【本】Newton別冊 数学の世界 

「0」がもしなかったら 「『0』の発見」は,数学の授業ではなくむしろ世界で出てくるトピックかもしれ

記事を読む

【本】『論語に学ぶ』

心の軸がぶれる感覚 人というのは弱いもの・・・だと私は思います。 楽したいという気持ち,遊ん

記事を読む

no image

【絵本】『もうぬげない』

表紙に惹かれて 絵本を選ぶのは難しいものです。 特に読み聞かせする子供が身近にいるわけではなく,

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2016年4月
    « 3月   6月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑