*

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き

文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好きという人から,特定の分野にこだわる人もいるでしょう。

その中でも「筆記具」はおそらく,どの分野よりも偏愛度が高いんじゃないかと思うのですが,どうでしょう?
「万年筆」はその中でも値段からも,バリエーションからも王者的存在ですが,値段的にはその逆に非常に安いものの,とても楽しい分野が「鉛筆」ではないかと思うのです。

私自身も,万年筆も大好きですし,ボールペン(油性)もよく使いますし,マインドマップをかくときにはカラーペン(水性)と色鉛筆がメインです。

でも,鉛筆も好きなんです。
鉛筆だけが入っているペンケースを一つ用意しているぐらいです。
算数の問題を解くときに一番活躍します。
他の科目だと,カラフルにマインドマップでまとめるのがいいのですが,算数の問題を解く,という行為には鉛筆がぴったりなのです。

なぜ?と問われると,それだけでも長文になるのですが,そういう気持ちがそこでつながっているなあ・・・と感じた本が,『考える鉛筆』です

『考える鉛筆』

Amazonで見かけてずっと気になっていたのですが,先日,ようやく購入しました。

これがなかなか面白い。200ページ弱の本ですが,しっかりとした装丁も好感が持てます。
文庫本より一回り大きいサイズなのに,ハードカバーなのに軽やか。

ある意味,この本自体が鉛筆の雰囲気です。

木でできていてしっかりしているのに軽やか。そういうイメージが最初から繋がりました。

中身も相当です。
鉛筆愛に溢れています。

「はじめに」の次がいきなり「削る楽しみ」です。
鉛筆は書く道具なのに,いきなり「削る」から入るんですから,相当マニアックとも言えます。

でも,鉛筆好きからすると,「わかる,わかる〜」と思いながら読み進むことになります。

鉛筆の削りカスの香り。たまったカスを捨てる時に,ティッシュで包むのですが,その時に「ふわふわ」とした感触を楽しむ気持ち。

鉛筆に興味のない人にはちょっと理解しにくいかもしれませんが,ちょっと使ってみると,共感するところはたくさんあるはずです。

ただ,どのメーカーのどの鉛筆がいいか,といううんちくを事細かに欲している人には若干物足りないかもしれません。

でも個人的には鉛筆は1本単位で買えるし,安いものです。
万年筆のように,1本数万円だから,お気に入りまでの道のりはできるだけ最短に・・・というのとはやや趣が異なります。

定番を使ってみて,他も使ってみたって,1,000円,2,000円で済みます。

楽しみ方を知り,使う心地よさを感じることで,きっと鉛筆好きになります。

マインドマップを鉛筆だけでかいてみる

さて,鉛筆が好きと言いつつ,マインドマップではほぼ使ったことがありません。
というのも,マインドマップは「カラフルにかく」のが基本だからです。
やむをえず単色でかくこともあっても,わざわざ単色でかくことはしていませんでした。

でも,ふと,「好きな筆記具でかくこともいいことなのではないか?」とこの写真です。
本の内容を,覚えている限りでさらっと書いてみたものです。

鉛筆だけでも,ブランチの形や文字を工夫したり,イラストを入れることでマインドマップらしくなると感じました。
まだまだ文字の書き方などに工夫の余地はいくらでもありそうですが,一つの可能性をつかんだことは収穫でした。

IMG_6040

 

関連記事

【マインドマップ】ニーモシネがリニューアル(していました)

マインドマップ用のノートとは? マインドマップを描く道具は「紙とカラーペン」というのは,昨日のエン

記事を読む

no image

【本】リサ・ランドール 異次元は存在する

NHK「未来の提言」から 2007年5月発売ですが,おそらく放送自体は2005年ではないかと思いま

記事を読む

【文具】ステッドラー ジャンボ3色えんぴつ

おしゃれな雑貨屋 Angers 河原町通三条上がる,本能寺の裏口のすぐ横におしゃれな雑貨屋さんアン

記事を読む

【本】『横浜をつくった男』

易聖・高島嘉右衛門 『易経』に興味を持って,少し勉強すれば,必ずこの名前を目にします。 易聖・高

記事を読む

【本】『ビジネスパーソンのための易経入門』

占いでもなく哲学でもない 『易経』とはなんぞや?というと,常に問題になるのは「易の二面性」です。

記事を読む

【辞典類】日本語の表記は奥深いので…

今朝のメルマガに書いた話なのですが… まぐまぐ「1日1粒!『幸せのタネ』」2014年4月17日

記事を読む

【本】『授業に生かすマインドマップ』

具体的にどう使うの? マインドマップが役に立つらしい… そういうことは耳にしたことがあっても,で

記事を読む

【本】『三国志』(吉川英治)

「無料」という名の誘惑 世の中に『三国志』ファンは多かろうと思いますが,その最初が「吉川三国志」だ

記事を読む

【本】『易聖・高島嘉右衛門 乾坤一代男』

易聖・高島嘉右衛門の軌跡 7月19日付のブログ記事で『「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生

記事を読む

no image

【絵本】『もうぬげない』

表紙に惹かれて 絵本を選ぶのは難しいものです。 特に読み聞かせする子供が身近にいるわけではなく,

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2016年6月
    « 4月   1月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑