*

【本】『小暮写眞館』

公開日: :

ブログ再開

気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。
(最後の更新が昨年6月末)

今年はもう少しブログでの情報発信を意識したいと思います。

まずは本の紹介から

2017年,一つ目の記事は本の紹介から。
(本の紹介記事を書いておくと,読書録にもなるだろうという目論見も少し)

今回手に取ったのは『小暮写眞館』(宮部みゆき・講談社文庫)です。

宮部みゆきはずっと以前,『模倣犯』や『理由』が出版された頃によく読んでいました。
それ以前の『火車』などの文庫本になっているものはもちろん,新刊が出るたびに即買って読むというぐらいに読んでいました。

なんとなく離れていたのですが,「写真」とあるので興味を持って手に取りました。

物語としては,家族とともに古い写眞館付きの住宅に引越ししてきた高校生の花菱英一を主人公に,同級生や家族,その周りの人たちとの関わりの中で進みます。

宮部みゆきはずっと以前に「もう人が殺される小説はこりごり」という趣旨の発言をされていて,今回の作品も殺人事件はおきません。

ただし,「心霊写真」というオカルト要素は入ってきます・・・というよりもそれが一つの主軸。

宮部みゆきは,江戸時代もので怪奇モノも書いていますし,現代ものでも超常現象,超常能力を扱った作品は書いていますから,「範疇」といえば範疇です。
個人的には,心霊写真については信じていないのでもやもやはするのですが,それでも最後まで読ませてくれるのは宮部みゆきの筆力だなと思います。

青春小説?恋愛小説?

講談社文庫版の帯には,上巻のは「最高の青春小説!」とあり,下巻には「最高の恋愛小説!」とありました。
確かに主人公の花菱英一は高校生であり,その家族や友達との生活の様子は,まさに「青春小説」ですし,下巻には「恋愛」(それもちょっと大人びた)ものが入ってはきます。

でもなんだかそういうカテゴライズでくくるのも惜しい感じの小説でした。

家族のあり方という現代的なテーマもあります。
人の生死,命とはなんだろう?というテーマもあります。

人によって受け取るものがさまざまにありそうな,そういう小説だと感じるので,下手に「青春小説」「恋愛小説」と思って読むと,いい意味で期待は裏切られるのではないかと思うところです(逆に言えば,「帯」がセンセーショナルに目を引こうとして,イマイチな感じとも言えます)。

新しく,新潮文庫nexからも4分冊で出ていますが,「講談社創業100周年記念事業」の一環として書き下ろされたという経緯があると知ったので,敬意を表して(?),講談社文庫版を書いました。

 

 

関連記事

【易・本】『最高の人生教科書 易経』

縁尋機妙で導かれた易経との出会い 私が『易経』に興味を持つようになったきっかけは,小田全宏先生との

記事を読む

【辞典類】日本語の表記は奥深いので…

今朝のメルマガに書いた話なのですが… まぐまぐ「1日1粒!『幸せのタネ』」2014年4月17日

記事を読む

【本】『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』

『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』 先日,大阪梅田の紀伊國屋書店に立ち寄ったとき

記事を読む

no image

【絵本】『もうぬげない』

表紙に惹かれて 絵本を選ぶのは難しいものです。 特に読み聞かせする子供が身近にいるわけではなく,

記事を読む

【本】『高い城の男』

もしも日本が戦勝国なら・・・ 第二次世界大戦が終了して70年という節目の時期に,「もしも日本が戦勝

記事を読む

【本】Hogwartsの図書館から(Harry Potter)

Harry Potterの世界 真面目な本もいいのですが,昔からファンタジーの世界は大好きで,ここ

記事を読む

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好きという人から,特定の分野にこだ

記事を読む

【本】『春画入門』

「春画展」〜見逃せない美術展〜 昨年の秋,東京の永青文庫にて「春画展」が開催されました。 春

記事を読む

只管音読 國弘流英語の話し方

同時通訳の神様 國弘正雄氏の訃報に接して 同時通訳の神様と言われた國弘正雄氏がお亡くなりになりまし

記事を読む

【Amazon】Kindleの新モデル

一度使うと手放せない 日本向けのKindleが発売されてすぐは品薄で入手困難でしたが,しばらくして

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2017年1月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑