*

【本】『高い城の男』

もしも日本が戦勝国なら・・・ 第二次世界大戦が終了して70年という節目の時期に,「もしも日本が戦勝国なら」という想像はいささか物騒ではあるのだけど,著者はアメリカ人で,発行が今から50年以上前,とい

続きを見る

【本】『男の風格をつくる論語』

やっぱり『論語』 6月末にふと「論語普及会」の本部を訪ねました。 安岡正篤先生の『易学のしおり』という本を販売されているのを見つけたからだったのですが,買って帰りの電車の中で読み始めると,なん

続きを見る

【本】『易聖・高島嘉右衛門 乾坤一代男』

易聖・高島嘉右衛門の軌跡 7月19日付のブログ記事で『「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生涯』を読んだ話を書きました。 さらに高島嘉右衛門について深く知りたくなって手に取ったのが,この

続きを見る

【本】『易入門』

『易』の二面性 『易経』には二つの側面があります。 その成り立ちの本来の姿というべきか,「占いの書」としての側面。 そして,リーダーたるものが身につけるべきものとしての「哲学的」な側面。教養であ

続きを見る

【本】【雑感】芥川賞

2015/07/22 | 日常,

芥川賞受賞作品『火花』の増刷 ラジオを聴いていると,芥川賞を受賞した『火花』(又吉直樹著)がさらに増刷だとのこと。 芥川受賞作品のミリオンセラー(100万部超)は,綿矢りさの『蹴りたい背中』以

続きを見る

【本】『横浜をつくった男』

易聖・高島嘉右衛門 『易経』に興味を持って,少し勉強すれば,必ずこの名前を目にします。 易聖・高島嘉右衛門 とにかく抜群の的中率を誇った・・・ということは知ってはいましたが,それほど深く知ろうと

続きを見る

【本】『孟子』

2015/07/15 | , 東洋思想 ,

松蔭の愛した『孟子』 日頃から『易経』を手にしているのですが,『論語』を始めとする四書五経を一通りでも学ばねば・・・とは思っていました。 中でも『孟子』は,かの吉田松陰の愛読書の一つでした。『

続きを見る

【雑談】ネット時代だからこその謎

2015/07/09 | 日常

マザーテレサの名言(?) このような名言を読んだり,聞いたりしたことはありますか? 思考に気をつけなさい,それはいつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい,それはいつか行動になるから。 行動

続きを見る

【本】『三国志』(吉川英治)

2015/07/08 | おススメ,

「無料」という名の誘惑 世の中に『三国志』ファンは多かろうと思いますが,その最初が「吉川三国志」だったという人もまた少なくないかと思います。 その「吉川三国志」が,著者没後50年を経たことで今

続きを見る

【本】『人生と陽明学』

安岡正篤活学シリーズ PHP文庫の活学シリーズの第2弾に当たるのが,この『人生と陽明学 (PHP文庫)』です。 安岡先生が,大学在学中から書き綴ったものが『王陽明研究』だったところからもわかる

続きを見る

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

  • 2017年11月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑