*

【易経】「毎日音読」まとめ(その2)周易(下)

公開日: : 易経

【周易音読】(下巻)澤山咸から火水未済まで(3月20日から4月22日まで)

上巻についてはこちら →乾為天から離為火(2月19日から3月19日)

【易経音読】澤山咸(たくざんかん)彖に曰く,咸は感なり。柔上りて剛下り,二気感応してもって相い与するなり(彖伝)。「咸」は恋愛や結婚に良い卦。二気(陰と陽)は元々合わない。それが相和合し,良き気の交流が生まれる。男(艮)が女(兌)に下っているからこそ,亨り,貞しきに利しとなる。

【易経音読】雷風恒(らいふうこう)天地の道は,恒久にして已まざるなり(彖伝)「恒久」は「ずっとそのまま」ということではなく,変化の道理が恒久不変の道を失わないことを説いている。この肝腎なところを読み落とすと大きな勘違いを起こす。雷地豫の彖伝にも近いものがある。

【易経音読】天山遯(てんざんとん)彖に曰く,遯は亨るとは,遯れて亨るなり(彖伝)「遯」は「のがれる」。下から二つの陰が伸びてきて,陽が退避,引退という象。天の流れに従って,世を遯れることで,やがて亨と教える。引退のタイミングを見誤らず,正しい方法で退くことが肝要。

【易経音読】雷天大壮(らいてんたいそう)大壮は,貞しきに利ろし。彖に曰く,大壮は,大なる者壮(さか)んなるなり(彖伝)昨日の天山遯と逆で,こちらは陽の勢いが盛んな象。それ故に,勢いに任せすぎず,貞正にするなら良い,という。いけいけどんどんはダメですよ,ということ。

【易経音読】火地晋(かちしん)象に曰く,明地上に出づるは晋なり。君子もってみずから明徳を昭らかにす(象伝)火が地の上にある象で,明(太陽)が地上に出れば辺りは明るくなるように,君子も自らの明徳をあきらかにして,太陽のごとく人心に仰ぎ見られる存在たれ,と説く。

【易経音読】地火明夷(ちかめいい)艱しみて貞なるに利ろしとは,その明を晦ますなり(彖伝)明(離・文明)が地(坤・大地)の下に隠れるのが地火明夷。暗愚の君主のもとで賢者の知恵が活かされない卦。周の文王は殷の紂王に囚われたが,明徳を韜晦し,耐え忍び,やがて殷を滅ぼした。

【易経音読】風火家人(ふうかかじん)家を正しくして天下定まる(彖伝)九五の陽(男)が外卦の,六二の陰(女)が内卦のそれぞれの中正を得て,男女それぞれが正しい位置にいる。男女それぞれがしっかりと位置を定め,役目を果たすことで家がととのい,それが天下の平和の基盤だという。

【易経音読】火澤睽(かたくけい)天地は睽けどもその事同じきなり。男女は睽けどもその志通ずるなり(彖伝)「睽」は「そむく」意味で「相反する」ということ。睽の卦は,一見人付き合いが上手くいかない象に見えるが,相反するが故に求め合い,交わり,通じると言う。

【易経音読】水山蹇(すいざんけん)象に曰く,山上に水あるは蹇なり。君子もって身に反りて徳を修む(象伝)「蹇」の卦は,坎(水)が艮(山)の上にあって非常な困難を表す。そういう時には,自身を省み道徳を修めることが肝要と説く。困難に際して他の責任に転嫁しない姿勢を取れと。

【易経音読】雷水解(らいすいかい)物もって難に終わるべからず。故にこれを受くるに解をもってす(序卦伝)昨日の「水山蹇」の卦が困難,災難。続く「解」は,天地が解けて,雷雨が起こり,百果草木が芽吹く。困難で終わる事はない。その動きをしっかりつかめということ。

【易経音読】山澤損(さんたくそん)六三。三人行けば一人を損す。一人行けばその友を得(爻辞)易らしい辞。易は「陰と陽」なので三人は一人余ることになる(互いに猜疑心を生じてしまい迷う,と岩波文庫)。一人だったら友が得られるという。深く感じるものがある辞。

【易経音読】風雷益(ふうらいえき)彖に曰く,益は,上を損して下を益す(彖伝)昨日の「山澤損」の逆で,こちらは上(国家・組織)が損をして,民に喜びを与える。民は喜び励むので,結果として国は富み,益となる。山澤損と風雷益が一対となって経済の基本を説いている。

【易経音読】澤天夬(たくてんかい)往くところあるに利ろしとは,剛長ずればすなわち終わればなり(彖伝)夬は「決壊・決去」の時期を表し,旧暦3月,新暦4月に当たる。陽が長じて陰を駆逐しようとしていて,まさに新しい時代の幕開けを意味する。今日の日に相応しい。

【易経音読】天風姤(てんぷうこう)姤は女壮んなり。女を取(めと)るに用うるなかれ(卦辞)陽が盛んなところに陰が入り込んできた卦。女性1人で5人の男性を相手にするのは不貞の女。こんな女を娶ってはいけない,と言う。これは女が悪いというより惑わされる男性への訓戒というべきか。

【易経音読】澤地萃(たくちすい)彖に曰く,萃は,聚なり。順にしてもって説び,剛中にして応ず,故に聚まるなり(彖伝)地(坤)は順う,澤(兌)は説びを表す。九五が中を得て六二と応じている。だから人が喜んで集まり,物も豊かになる。ただし,人や物が集まれば不慮の事態も。要警戒。

【易経音読】地風升(ちふうしょう)象に曰く,地中に木を生ずるは升なり(象伝)地(坤)の中に木(巽)が生じるのが升。木が地中の養分をしっかり吸収して伸びよう,成長しようとしていくのと同様,君子も道徳を修養し,少しずつ善を重ねて成長すべし,という。

【易経音読】澤水困(たくすいこん)彖に曰く,困は,剛揜(おお)わるるなり。険にしてもって説ぶ(彖伝)「困」は陽が陰に囲まれた卦だが,険(坎・水)にあっても,説(兌・澤)ぶことを忘れずに,誠実を貫くのが君子だという。 象は,沢に水がない状態。これは苦しい。

【易経音読】水風井(すいふうせい)井は,邑を改めて井を改めず。喪うなく得るなし。往来井を井とす(卦辞)井戸は古来,人の住むところの中心をなした。いくら汲んでも枯れず,村がなくなっても井戸はなくならない。街の中心にあって人を潤した井戸のように,君子もかくあるべしと教える。

【易経音読】澤火革(たくかかく)上六,君子豹変す。小人は面を革む(爻辞)「革」は革命。上六は革命が成就する段階で,秋になって豹の紋様が鮮やかに変わるように,君子の偉業はかくも美しい。小人は面持ちを改めて君子に付き従いなさい…という。「君子豹変」は本来良い意味。

【易経音読】火風鼎(かふうてい)巽にして耳目聡明なり(彖伝)内卦が巽(風)で,外卦が離(火)。内には巽順の徳があり,外は耳目聡明と言う。君子が謙虚,従順に賢人達の意見に耳を傾ければ,天下は定まる。鼎は,祭事に使う大事な器。この卦は鼎の形を表している。

【易経音読】震為雷(しんいらい)君子もって恐懼修省す(象伝)「震(雷)」が重なった卦が震為雷。人は雷鳴が来ると恐れ戦くが,過ぎ去ると呵呵と大笑いして忘れ去る。しかし,君子たるものは,身を慎み,我が身を省み,次に備えるべきだという。

【易経音読】艮為山(ごんいさん)象に曰く,兼ねて山あるは艮なり。君子もって思うことその位を出でず(象伝)昨日の震為雷の逆で,動かない,止まる卦の「艮」。「阻害」「邪魔」があって動けないのではなく,分相応であること,自分の力量に応じた位置に止まることの意義を説く。

【易経音読】風山漸(ふうさんぜん)止まりて巽い,動きて窮まらざるなり(彖伝)「漸」は,山(艮・止まる)の上に木(風・動く)の象。どっしりと構えたところから,時間をかけてゆっくりと成長していくことの大切さを説く。

【易経音読】雷澤帰妹(らいたくきまい)彖に曰く,帰妹は,天地の大義なり。天地交わらざれば万物興らず。帰妹は,人の終始なり(彖伝)帰妹は,女が男に嫁ぐことを表す卦。陰陽が交わらなければ何も生まれない…が,その順序をを誤ってはならないと言う。

【易経音読】雷火豊(らいかほう)日中すればすなわちかたむき,月みちればすなわち食く(彖伝)太陽は南中すれば西に傾き,月は満ちれば必ず欠ける。満ち欠けは必然の時の流れである。ましてや人の栄枯盛衰も時の盛衰とともにある。心せよと説く。

【易経音読】火山旅(かざんりょ)旅は,小しく亨る。旅には貞しければ吉なり(卦辞)「旅」は今でこそ「楽しみ」ともなるが,本来,未知の土地に身を置き,道中も不安。大変なことだったので「小しく亨」となる。また,旅の恥はかきすてはもってのほか。身を正しくして過ごせと説く。

【易経音読】巽為風(そんいふう)巽は小しく亨る。往くところあるに利ろし。大人を見るに利ろし(卦辞)巽は「したがう」ことの大切さを説く。従う相手は大人がよろしい。またリーダーたるものも,よくよく考えてから指示を出すことという。

【易経音読】兌為澤(だいたく)説びてもって民に先立つときは,民その労を忘れ,説びてもって難を犯すときは,民その死を忘る(彖伝)上に立つ者が自ら悦んで大変な仕事に励めば,民はその苦労を忘れるし,率先して艱難に当たれば,民は我が命も顧みない。本来的な悦びで上下一体となっている

【易経音読】風水渙(ふうすいかん)象に曰く,風の水上を行くは渙なり。先王もって帝を亨(まつ)り廟を立つ(象伝)「渙」は「散る」イメージ。分散,離散など人心が離れるイメージにつながる。そこでリーダーは祭祀を行い,人々の淀んだ気持ちを「散し」,人心を集めるのである。

【易経音読】水澤節(すいたくせつ)節は亨る。苦節は貞しくすべからず(卦辞)「苦節は貞にすべからず」という読み方もある。お金にしても食べることにしても,節度は重要だが,一方で,あまりに厳しく節制しすぎると身体を壊すことになる。厳しすぎないように…という。

【易経音読】風澤中孚(ふうたくちゅうふ)彖に曰く,中孚は,柔,内に在りて剛,中を得たり(彖伝)「孚」は易では「まこと」と読ませることが多い。陰が内にあって陽が外にある。下の者が説び(兌・澤),上の者が謙遜(巽・風)する。こういう孚誠が国を感化することができるという。

【易経音読】雷山小過(らいざんしょうか)小過は,亨る。貞しきに利ろし。小事には可なり。大事には可ならず(卦辞)小過は,自分の分限を少し超えるまではいいが,大きく超えるのは不可という。小さい鳥が大きく羽ばたこうとしても無理。自分の身のほどをわきまえることの重要性を説く。

【易経音読】水火既済(すいかきせい)君子もって患を思いて予めこれを防ぐ(象伝)既済の卦は,六爻の陰陽が正位にあって,完璧・完成を表す。事業が成った後は,後は衰える,欠けるしかない。憂い,患いごとに備えて思いを巡らしておくことが必要である。

【易経音読】火水未済(かすいびせい)六三。いまだ済らず。征くは凶なり。大川を渉るに利ろし(爻辞)「未済」は未完成段階を表す卦。この段階で大きなことを起こすのは時期尚早。しかし適切な努力を積み重ねることで,大きな事業に踏み切っても良いという。

関連記事

【本】『易入門』

『易』の二面性 『易経』には二つの側面があります。 その成り立ちの本来の姿というべきか,「占いの

記事を読む

【本】『横浜をつくった男』

易聖・高島嘉右衛門 『易経』に興味を持って,少し勉強すれば,必ずこの名前を目にします。 易聖・高

記事を読む

【毎日易経】『易経』音読3周目

『易経』音読Tweetまとめ連続投稿第3弾 先ほどの『繋辞伝』『序卦伝』に続いて,六十四卦の音読分

記事を読む

【易経】音読の素材

2月に竹村亞希子先生の易経講座を受講して以来,毎日少しずつ『易経』の本文,そして「繋辞伝」を音読して

記事を読む

【毎日易経まとめ】水雷屯から離為火(『易経』上巻)

Tweet 【毎日易経】から 毎日,Twitterにて【毎日易経】と題して,少しずつ『易経』を音読

記事を読む

【易経・本】『易を読むために』

『易を読むために 易学基礎講座』(黒岩重人著・藤原書店) 試しに「易経」をキーワードに

記事を読む

【易・本】『最高の人生教科書 易経』

縁尋機妙で導かれた易経との出会い 私が『易経』に興味を持つようになったきっかけは,小田全宏先生との

記事を読む

【本】『易経 ビギナーズ・クラシック 中国の古典』

「君子,占わず」は本当か? 高島嘉右衛門に関する本(『横浜をつくった男』『乾坤一代男』の2冊)を読

記事を読む

【易経】「音読まとめ(2周目)」『乾為天』

『易経』音読まとめ その3(2周目) 『易経』の音読は2月以降,毎日続けていますが,1周目について

記事を読む

【本】『ビジネスパーソンのための易経入門』

占いでもなく哲学でもない 『易経』とはなんぞや?というと,常に問題になるのは「易の二面性」です。

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑