*

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

公開日: : おススメ,

思いがけない単行本化

昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』に創刊35周年記念読切として,『東京ラブストーリー』の続編が掲載されました。
いろんなメディアでも取り上げられて,私も「読みたい!」と思ったものの,あっという間に売り切れてしまい,手にすることはできませんでした。

ずいぶんと経ってから,とあるラジオ番組の「20世紀を振り返る」というコーナーの中で,『東京ラブストーリー』の話題になり,この続編についても触れられていて,「うー,読みたかったー」と思っていたものでした。

すっかり忘れていたのですが,どうやら『女性セブン』という雑誌でその後連載されていて,このほどめでたく『東京ラブストーリー After 25 years』として単行本化。読み逃していた私もようやく手にすることができました。

衝撃の展開

まず,ドラマと原作では終わり方が違っています。
当時は,ドラマはドラマ,原作の漫画は漫画・・・ということでよかったと思うのですが,こちらの続編は,原作の終わり方をわかっていないと話が見えなくなってしまいます。
もし原作はまだ読んで無いという方は,原作を読んでからの方がいいでしょう。

ストーリーが始まって,ページをめくった途端に「そうきたかーーーーーー!」という衝撃の展開。

やられました。
そこから先はすっかり「紫門ワールド」に引き込まれて一気に読了です。

当時,どんな展開なのか誰も教えてくれなかったのですが,読んでわかりました。

これは絶対に自分でページをめくらないといけないのです。

リカという女性

リカは相変わらずリカだし,カンチもカンチのまま。

巻末のAfter Wordとして紫門ふみが以下のように書いています。

そしてあの時代,”リカ”だった女の子,
つまり私が作品を描く上でのリカのモデルとしていた女性たちがみな,

なるほど。
「リカ」というキャラクターの中身は実は一人じゃなかったのです。

あいかわらず奔放でペースが読めない,でも,非常に繊細なところも見せる。
「カンチ,セックスしよ!」というセリフが話題になりましたが,今回の漫画の中でも「カンチとHした回数」を数えていたというエピソードも出てきます。

大胆なようで繊細。回数をカウントするリカというイメージがなかなかうまく組みあわさらなかったのですが,それが実はまさに紫門マジックなんだと読んでから気づきました。

一人の女性の中にはいろんな側面があります。
でも,一人の女性をモデルにしては描ききれません。
矛盾する相反する性質を一度には描きにくい。
でも,いろんな人の側面をごった煮にして濾してでてきたものを描くと,あら不思議。
「リカ」という不思議な魅力をもった女性のできあがりです。

そうやってあらためて読み直すと,

「かつて恋をしたことがあるすべての女」に,
この作品を楽しんでいただければと思います。

という紫門ふみの言葉に納得するのです。

あらためて,『東京ラブストーリー』も読み直したくなりました。
かつて文庫本版で持っていたのを人にあげてしまったので,今は手元にありません。
さて,単行本で買うか,kindle版で買うか・・・

関連記事

no image

【本】リサ・ランドール 異次元は存在する

NHK「未来の提言」から 2007年5月発売ですが,おそらく放送自体は2005年ではないかと思いま

記事を読む

【本】『高い城の男』

もしも日本が戦勝国なら・・・ 第二次世界大戦が終了して70年という節目の時期に,「もしも日本が戦勝

記事を読む

no image

【おススメ】LEDミニ・マグライト

夜の散歩に欠かせないお供が懐中電灯。 飼い犬の散歩などでお使いの方もいらっしゃるでしょう。

記事を読む

【電子書籍】Kindleニューモデル

新しいKindleが出る AmazonからKindleの新しいモデルが発表されています。 「

記事を読む

no image

iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,その講義録にマインドマップを使う

記事を読む

【易経】『リーダーの易経』

龍の物語で読み解く『易経』の入門書 待ちに待った新刊 易経研究家の竹村亞希子先生の最新刊が出まし

記事を読む

ラジオ出演…の「おまけ」

出演前の打ち合わせ ラジオ出演の話は,ビッグマインドマップのブログや本家サイトのお知らせコーナーで

記事を読む

no image

【日常】平城京跡・奈良を散策してきました

今日は,マインドマップ仲間と,「とあるイベント企画」の下見に,奈良は平城宮跡に行ってきました

記事を読む

no image

【追悼】赤瀬川原平さんの死を悼む

「中古カメラウイルス」の発見者 「前衛芸術家・作家の赤瀬川原平氏死去」というニュースが流れました。

記事を読む

no image

【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。 (最後の更新が昨年6月末)

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

  • 2017年1月
    « 6月   7月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑