*

【易経】『リーダーの易経』

公開日: : 易経,

龍の物語で読み解く『易経』の入門書

待ちに待った新刊

易経研究家の竹村亞希子先生の最新刊が出ました。

リーダーの易経「兆し」を察知する力をきたえる (角川SSC新書)

発売日は昨日だったのですが,今日届きました。

夕食後,早速読み始めて…あっという間,2時間ほどで読み通してしまいました。

本を開いた直後から,竹村先生の易ワールドの中に招かれて,たっぷりとお話を聞かせていただく。
そんな時間を楽しめる一冊です。

この本では,メインとして「乾為天」だけが取り上げられています。
他の卦の話も出てきますが,9割は乾為天の話です。

乾為天は64ある卦のトップバッターです。龍の六つの姿が描かれているのですが,そこから全てを語っていきます。
竹村先生は講演でもおっしゃっています。
とにかく「乾為天」の龍の話を深く,しっかり理解し,「坤為地」の卦とセットで理解できたら,後の62の卦はその応用,混合技だと。

何度か『易経』を繰り返して通して読むと感じます。乾為天と坤為地の二つが相交わって様々なものが生まれてくる躍動感があるのを感じます。

算木が出てこない易の本

この本のスゴいところは,一切,算木が出てこないことです。
こんなやつです。

Ken

Kon

Gon

そういったことの解説は他の本に任せて,ここではひたすら龍の物語が語られます。

『易経』の本で,全く算木を示さないままの本は他にあるんでしょうか。
少なくとも私は見たことがありません。
そんな『易経』の本が書けるのは竹村先生以外いないんじゃないでしょうか。

そして,その龍の物語の中に,『易経』のエッセンスを凝縮されています。

さっと2時間ほどで読んだと書きましたが,この本はこれからも何度も読むことになるでしょう。

折に触れて手に取って,開いたところから読んでみる。
最初からじっくり気の済むまで読んでみる。
何かを求めてページをめくる。

いろんな読み方で楽しめそうな本です。

『易経』はあの記号みたいなのが難しそう…と感じている方にこそ読んでいただきたい本です。
物語を読んでいるうちに,『易経』の奥深いところが身体にしみ込んでくるような本です。

 

関連記事

【本】『授業に生かすマインドマップ』

具体的にどう使うの? マインドマップが役に立つらしい… そういうことは耳にしたことがあっても,で

記事を読む

【英語】「英単語学習の大革命!?Part3」

文脈を無視しない Kindleを使っての英単語学習の話を書こうと思って,前置きが長くなりすぎました

記事を読む

トニー・ブザン 優れたリーダーは「学び方」を知っている

昨年末に発売された「マインドマップ・リーダーシップ―――現場主導で組織に革命を起こす」に関連して,ダ

記事を読む

no image

【本】『とっぴんぱらりの風太郎』

『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学著/文藝春秋) 「とっぴんぱらりのぷう」と言われても普通は

記事を読む

no image

【本】『算数的思考法』

「算数」と「数学」の違い 小学生の間は「算数」と呼び,中学以降は「数学」と呼びます。 なぜなんで

記事を読む

no image

舞台裏をお見せします

「マインドマップってどんなものなんですか?」と人に聞かれた時に,手元にノートがあれば内容的に見せても

記事を読む

【毎日易経】『序卦伝』音読

『易経』音読Tweetまとめ 『序卦伝』編 『易経』の十翼の一つ『序卦伝』。 六十四の卦の順序が

記事を読む

【易経】「音読まとめ(2周目)『坤為地』」

『易経』音読まとめ(その4)2周目 前回の『易経』音読まとめ(その3)2周目では,『乾為天』につい

記事を読む

【毎日易経】『繋辞伝』音読(2014.10.23〜11.26)

『易経』音読 Twitterまとめ 気がつけば毎日の『易経』音読も3周回ったのですが,昨年10月下

記事を読む

no image

【絵本】『もうぬげない』

表紙に惹かれて 絵本を選ぶのは難しいものです。 特に読み聞かせする子供が身近にいるわけではなく,

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

  • 2014年7月
    « 6月   8月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑