*

【Kindle】Harry PotterとKindle

公開日: : おススメ, , 英語・英会話

ハリーポッター熱再燃

毎年1回は何かしらで巡って来る「中つ国」熱に比べて,ハリーポッター熱は数年に1回という感じなのですが,今年は夏にUSJでハリーポッターワールドがオープンしたという大きなきっかけがあった影響で,久々に「ハリポタ熱」が再燃中です。

Kindle版大人買い

「ハリポタ熱」は,イコールで,「原書の読み直し」というパターンです。

1巻から7巻まで全部持っているのですが(詳しくは後ほど追加で書きます),4巻,5巻ととんでもなく分厚くなっていって,読むのが大変です…物理的な問題です。

洋書って,なぜああも分厚いまま平気で出版するんだろう?といつも思います。欧米人の手のサイズでは問題ないのでしょうか?

で,読み直すのについつい…電子書籍版をPottermoreサイトで全巻大人買い(まとめ買いすると10%オフ)!

harrykindle
Kindleで読み直すと,これがなかなか快適です。

あくまで目安ですが,左下に「この章を読み終えるまで◯分」という表示が出ます。

だいたい合っているので,これを目安に「じゃ,ここまで読んで寝よう」という感じでボチボチ読んでいます。

大体,お風呂の中と寝る前のトータル小一時間ほどですが,現在第5巻に突入。
Voldemortの復活がなり,いよいよ物語は佳境に入っていきます。

Harry Potterの原書の種類

上の写真でKindleの画面の表紙データを見る人が見ると分かると思いますが,私はイギリス英語版で読んでいます。

ハリーポッターには大きく分けて,イギリス英語版アメリカ英語版があります。
「翻訳」というところまでいっているわけではないですが,1巻の頃は,著者のローリングさんも無名の新人。
タイトルはもともと「Harry Potter and the Philsopher’s Stone」(ハリーポッターと賢者の石)ですが,「philosopher」が「哲学者」の意味の方が濃いからという理由で,アメリカ版では「Sorcerer’s Stone」(魔法使いの石)に替えられてしまいました。
ご本人はタイトルまで替えられて納得いかなかったそうですが,やむなし…ですね。

また,単語などでは,例えば毎年クリスマスにMrs. WeasleyがRonやHarry達にプレゼントする「セーター」は,イギリス版では「jumper」となっています。イギリス英語でjumperというとプルオーバーのセーターのことなんですが,そういうところもあるので,イギリス英語に慣れていない人はちょっとビックリするかもしれません。

イギリス英語,アメリカ英語の違いの他に,ハードカバーかペーパーバックか。それと表紙デザインの違いで,通常版とアダルトエディションというのもあります。

1042549535_123

これは,初期の表紙ですが,左側が通常版のハードカバー,右側がアダルト版のペーパーバックです。
ただし!「アダルト版」と言っても,あくまで「表紙デザイン」の違いで,中味はまったく同じです。
大人にも人気のハリーポッター。でも,子供向けの表紙だと,大人が読むにはちょっと恥ずかしい…そんなところからできたものでしょうね。

※私はこのパターンで7巻全部2セット持っているのですが,なぜか今回はその上に電子書籍版まで買ってしまったという…ことです。

最近また原書の表紙デザインが,イギリス版,アメリカ版ともに一新されました。ずいぶんと違います。

洋書はときおりこうして表紙デザインなどを一新させます。そういう違いを楽しむのもまた,原書の楽しみのひとつです。

関連記事

【Amazon】Kindleの新モデル

一度使うと手放せない 日本向けのKindleが発売されてすぐは品薄で入手困難でしたが,しばらくして

記事を読む

no image

【本】『ジャグリングで始める驚異の能力開発』

以前に,ジャグリングが脳の活性化,能力開発にとても有効だということをブログに書きました。

記事を読む

【易・本】『最高の人生教科書 易経』

縁尋機妙で導かれた易経との出会い 私が『易経』に興味を持つようになったきっかけは,小田全宏先生との

記事を読む

【講師の七つ道具】クッシュボール

「講師の七つ道具」のご紹介 マインドマップ・インストラクターは,いわゆる「セミナー講師」ですが,セ

記事を読む

no image

【本】『とっぴんぱらりの風太郎』

『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学著/文藝春秋) 「とっぴんぱらりのぷう」と言われても普通は

記事を読む

【英語】英単語学習の大革命!? Part 1

Amazon Kindleで英単語学習に革命が起きる!? Amazon Kindleはご存知でしょ

記事を読む

no image

【追悼】赤瀬川原平さんの死を悼む

「中古カメラウイルス」の発見者 「前衛芸術家・作家の赤瀬川原平氏死去」というニュースが流れました。

記事を読む

no image

【本】『魂の経営』

本の「発掘」 先日の3連休,溜まりに溜まった部屋の中の「あれこれ」を大処分。 もう不要になった日

記事を読む

【本】『壬生義士伝』(浅田次郎著)

浅田次郎との出会い 浅田次郎の本との最初の出会いは,20年近く前に『ビジネスジャンプ』に連載されて

記事を読む

【本】『春画入門』

「春画展」〜見逃せない美術展〜 昨年の秋,東京の永青文庫にて「春画展」が開催されました。 春

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑