*

【易経】『易経講話』

公開日: : 易経,

『易経講話』(公田連太郎・明徳出版社)

昨日紹介した『易を読むために』でも紹介されていますが,易をきちんと勉強しようと思うのなら絶対避けて通れない本の1つがこの『易経講話』です。(もう1つは加藤大岳著『易学大講座』)

1冊12,000円でしかも5冊セットでしか買えないという,ものすごくハードルの高い本ですが,高いから…と躊躇しているといつの間にか絶版になりかねないので思い切って買いました。

というのも,昨年の初夏に易の勉強を始めて,どうもこの本は必須らしい…と知ったのですが,当時は絶版中だったのです。

古書店在庫をWEB検索しても10万円を超えるような値段がついていました。

1958年7月に出版されて,後1996年に新仮名遣いに改めて新版として出版。
それが絶版になっていたのですが,なんと2013年6月,私が易を勉強し始めた頃になって新版の第2版が出たのです。

これは「買いなさい。買って勉強しなさい」ということだろう…と勝手に解釈して,友達からの誕生日プレゼントでもらったAmazonカードを活用させてもらって,昨年8月に,なんとかかんとか購入したのでした。

その後,読み始めたものの9月に入ってから仕事が忙しくなって易の勉強に時間が割けなくなり,読みかけのままになっていました。

最近,ようやく「易もしっかり学び直そう」と思うようになり,あらためて読み始めています。

見た目には圧倒される分量ですが,字が大きめなので読みやすく,語り口も柔らかいので,比較的楽に読み進めることができます。
易の本当に大切なことをきちんと伝えたい…という気持ちが伝わってくる本です。

最後まで読み通すには時間がかかりそうですが,心にしみてくる文章に触れること自体が幸せになる本です。

関連記事

【本】韓非子 ビギナーズ・クラシック

名前だけは知っている 古代中国の春秋・戦国時代に様々な学者が現れ,それぞれの考えを大いに喧伝しまし

記事を読む

no image

【本】『竜馬がゆく』

15歳の春に 司馬遼太郎の小説に初めて「はまった」のが,この『竜馬がゆく(文春文庫)』だったと記憶

記事を読む

【本】『三国志』(吉川英治)

「無料」という名の誘惑 世の中に『三国志』ファンは多かろうと思いますが,その最初が「吉川三国志」だ

記事を読む

no image

【マインドマップ】イメージで感じる『易経』超入門

先日,大阪の起業家の勉強会WSWS(Wisdom Sharing Workshop/ウズウズ)で,7

記事を読む

【本】Hogwartsの図書館から(Harry Potter)

Harry Potterの世界 真面目な本もいいのですが,昔からファンタジーの世界は大好きで,ここ

記事を読む

【絵本】『りんごかもしれない』

親父の一言 「なんかマインドマップに近いもんがあるんちゃうか?」と親父がいきなり切り出したのが,「

記事を読む

只管音読 國弘流英語の話し方

同時通訳の神様 國弘正雄氏の訃報に接して 同時通訳の神様と言われた國弘正雄氏がお亡くなりになりまし

記事を読む

【辞典類】日本語の表記は奥深いので…

今朝のメルマガに書いた話なのですが… まぐまぐ「1日1粒!『幸せのタネ』」2014年4月17日

記事を読む

no image

【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。 角川文庫から出版されていた

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』店頭ディスプレイ

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間の金子さんが書かれた『デジタルマインドマップ超

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑