*

【本・漫画】『鉄子の育て方』

公開日: : おススメ, , ,

久々にピンときた漫画

私が漫画をよく読むようになったのは大学に入ってから。
そのあと漫画喫茶で『タッチ』や『北斗の拳』『ドラゴンボール』など,「全部は読んでないな」と思うような作品を読み通してみたりして,まあ,普通に漫画を読む人と同じくらいは読んでいる・・・かな?

最近はほとんど単行本を買うことはしていなかったのですが,久々にピンときたのが『鉄子の育て方(1)』でした。

最初はAmazonで『鉄子の旅』のKindle版期間限定無料配信があって,「おお,この分野もなかなか面白いじゃないか」となって,結局「鉄子の旅」も全巻購入&ダウンロードし,さらに面白いのもないかな・・と思って見つけたのが『鉄子の育て方(1)』でした。

ヲタク漫画にして成長物語

設定は「女子アナ」を目指す普通の女子大生二郷あずさが,たまたま最後にひっかかったのが「鉄道ヲタク向けの鉄道専門番組」のアナウンサー。
いい歳した大人なのに鉄道ヲタクまっしぐらな人たちに囲まれながら,少しずつ女子アナとしても人としても成長していく物語・・・と簡単に書きましたが,意外にこれがしっかりした設定でブレていなかった。

私にはわからないところが多々あるけれども,鉄道分野のヲタク度も相当高く,きっとマニアな方たちも納得する部分もありつつ,一般的にヲタク度の高い人にもうなずける部分もあり,また新人社会人成長物語・・・としてみても十分に楽しめる作品になっていました。

主人公以外の人たちのキャラクター設定が非常にいい。
鉄道チャンネルの社長以下,スタッフ面々の個性がしっかり確立されていて,かつ,ゲスト出演的に出てくる人たちも魅力的。
主人公が目標かつライバルとしてみている井川さくらも,「ただの嫌味な女」的な立ち位置にあるのかと思ったら,そんなことはない,すごくカッコよく描かれている。
鉄道番組のアナウンサーとして人一倍努力し,今の座を確保したことにプライドを持ってるけど,同時にあずさを暖かくも見守っている。ときには尻を蹴飛ばすようなこともしているけど。
鉄道チャンネルのメンバーには「偽物のイガブン」なんて思わているけど,きっぷのいいお姉さん的存在になっていて,いやいや,格好いい。

ストーリー的にも無理なく成長して行っているし,周りのキャラもいい。

これは今後が楽しみな漫画だな・・・と思っていました。

これで完結・・・だと?

先月7月に第3巻が発売。1ヶ月遅れでKindle版が発売されました。
待ちに待ってようやくダウンロード・・・早速読んだのですが,な,なんですと?

この第3巻で完結ですと?

第2巻の完成度の高さに比べると,第3巻は全体的に駆け足で,無理やり終わりに向かおうとするところがあちこちに出てきている。ある意味「雑」な感じが見受けられるのが,本当に残念。

あずさの学生時代の「ライバル」が登場するものの中途半端な扱いのままだし,なによりも井川さくらの活躍の場がほとんどないではないか。。。。
「オールキャスト出してみました」みたいな回でごまかされた感じ。

もったいないなあ。
ストーリー設定,キャスト,絵のどれをとってもこれからが楽しみな漫画だったのに打ち切られてしまったのは,本当に残念。まだまだネタはあっただろうに。

まあ3冊で終わってしまうのは残念ですが,全部読み通すのに時間はかからないし,鉄道の魅力もいろいろ感じることができるので,おすすめではあります。

ああ,本当に残念。

関連記事

【易経】『易経講話』

『易経講話』(公田連太郎・明徳出版社) 昨日紹介した『易を読むために』でも紹介されてい

記事を読む

【マインドマップ】ニーモシネがリニューアル(していました)

マインドマップ用のノートとは? マインドマップを描く道具は「紙とカラーペン」というのは,昨日のエン

記事を読む

【おススメ】パーフェクトペンシル9000番

鉛筆はお好き? 4月といえば入学式。 真新しい鉛筆を筆箱に並べて,ランドセルに入れた時のワクワク

記事を読む

【本】『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』

村上春樹のファンという照れくささ 「今年こそノーベル文学賞を受賞するのでは?」…と毎年,日本中から

記事を読む

no image

【追悼】赤瀬川原平さんの死を悼む

「中古カメラウイルス」の発見者 「前衛芸術家・作家の赤瀬川原平氏死去」というニュースが流れました。

記事を読む

【本】『八つ墓村』(横溝正史)

たぁたりじゃー 『八つ墓村』は,私が小学校に入学した年,昭和52(1977)年に封切られました。

記事を読む

【映画】『インサイドヘッド』

頭の中では何が? 今日は久しぶりに映画館に足を運んで『インサイドヘッド』をみてきました。 「

記事を読む

【本】『壬生義士伝』(浅田次郎著)

浅田次郎との出会い 浅田次郎の本との最初の出会いは,20年近く前に『ビジネスジャンプ』に連載されて

記事を読む

no image

【本】『竜馬がゆく』

15歳の春に 司馬遼太郎の小説に初めて「はまった」のが,この『竜馬がゆく(文春文庫)』だったと記憶

記事を読む

只管音読 國弘流英語の話し方

同時通訳の神様 國弘正雄氏の訃報に接して 同時通訳の神様と言われた國弘正雄氏がお亡くなりになりまし

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑