*

【マインドマップ】ニーモシネがリニューアル(していました)

公開日: : 最終更新日:2015/09/09 おススメ, マインドマップ , , ,

マインドマップ用のノートとは?

マインドマップを描く道具は「紙とカラーペン」というのは,昨日のエントリーでも書いたところです。

今日は「紙」について。

マインドマップを描く時の用紙は,基本的には「A4以上」「無地」とされています。

これより小さいと狭くて限界がすぐに来てしまうからです(もちろん狭い会場でメモを取る時などにA5サイズを使うことももちろんありますが,あくまで「基本的には」ということで)。

また,A3以上のサイズだとコピー用紙を使うのが多いかと思います(コピー用紙は結構書き味がいい)。

方眼や罫線があるとそれに邪魔されることもあるので,無地がいい。

ということで,「A4サイズの無地のノート」を探すことになります。

マインドマッパー定番のノートはこれ

「A4サイズ」「無地」というのと,やはりカラーペンを使うことからも,色が綺麗に映える白さだったり,書き味だったり,いろんな「要素」がノート選びには関係します。

そんな中でマインドマッパーに一番定評があると思われるノートが,マルマンから出ているニーモシネ 無地 N181Aでしょう。

マルマンのニーモシネシリーズは,

「書くこと、考えることが仕事を創造的にする」をコンセプトとしたマルマンのビジネスツールブランド

と位置付けられています。(「マルマン ニーモシネ」のサイトから)

表紙は薄くても丈夫で,裏表紙はしっかりとした厚手の固い紙
ミシン目で一枚,一枚切り離すことも可能
タイトル,日付などを書く欄が用意されている
何よりも,書き味が最高レベルにいい紙を使っている

そういった点が愛用されている理由でしょう。

難点をいえば「重い」こと。A4サイズ,70枚ですが,いい紙を使うとそれなりに「重く」なるもので,それは仕方がないのですが,やはり辛い・・・ということで,結局,職場と家で別々に用意することにはなります。

知らない間にリニューアルされていた・・・

お気に入りのノートなので,まとめ買いをしていたのですが,残り1冊になったところで追加購入・・・

とAmazonを覗くと「新しいのが出ていますよ」と表示されて,初めてリニューアルされていたのを知りました。

以前はN181という型番だったのが,N181Aというものに変わっていました。

ぱっと見はそれほど大きく変わってはいませんが,少し見比べてみましょう。

DSCN2498

商品名が以前のは中央下段に書かれていたのが,左端の中段に入るようになりました。

黄色のラインの入ったシールもオシャレで目を引きます。

文房具屋の店頭でニーモシネの販売コーナーを見ると,「真っ黒」な印象なのですが,この黄色は鮮やかに映るでしょう。

中身のリニューアルはどうでしょう?

よくよく見て「ほぉ」と思ったのが,タイトルなどの記入欄です。本当「心持ち」程度ですが,TITLEなどの文字が薄くなっています。

こういった文字が「思考」や「創造」の妨げにならないように・・・という配慮なのでしょう。

DSCN2501

上が新しい方のN181A。下が旧製品。TITLEの文字が若干薄いのがわかるでしょうか?

いろいろ使ってみたけれど

これまでいろんな紙にマインドマップを描いてきました。
たまたま最初に描いたのも,ニーモシネの無地でしたが,それ以外にもモレスキン(ラージ),コピー用紙,コクヨのノートなどなど。

コピー用紙もカバンに数枚入れておくと便利ですし,愛用していますが,何かこう「きちっと描くぞ」という気持ちの時には,やっぱりニーモシネで描くと落ち着きます。

割とどのカラーペンでも合いますし,もちろん,マインドマップ以外にも,いろんな場面できっと大活躍するノートでしょう。

 

 

 

関連記事

no image

【本】『ジャグリングで始める驚異の能力開発』

以前に,ジャグリングが脳の活性化,能力開発にとても有効だということをブログに書きました。

記事を読む

no image

iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,その講義録にマインドマップを使う

記事を読む

【セミナーメモMM】Amazon Kindleダイレクト出版のセミナー

始まりは起業家達の「勉強会」から 今日はこんなセミナーに参加してきました。 Amazon Kin

記事を読む

no image

【本】『魂の経営』

本の「発掘」 先日の3連休,溜まりに溜まった部屋の中の「あれこれ」を大処分。 もう不要になった日

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』店頭ディスプレイ

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間の金子さんが書かれた『デジタルマインドマップ超

記事を読む

英語でマインドマップ 奈良ビッグマインドマップ

英語でマインドマップ もともとマインドマップが英国生まれということもあってか,マインドマップは英語

記事を読む

no image

【マインドマップ】デジタルマインドマップの入門書

ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター仲間の金子さんが,iMindMapの入門書を出

記事を読む

【Amazon】Kindleの新モデル

一度使うと手放せない 日本向けのKindleが発売されてすぐは品薄で入手困難でしたが,しばらくして

記事を読む

【マインドマップ】ピュアカラー36色

マインドマップを描く道具 マインドマップを描くために必要なものといえば, 紙(A4以上が望ましい

記事を読む

【本】『春画入門』

「春画展」〜見逃せない美術展〜 昨年の秋,東京の永青文庫にて「春画展」が開催されました。 春

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

  • 2015年9月
    « 8月   10月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑