*

【Amazon】Kindleの新モデル

公開日: : おススメ,

一度使うと手放せない

日本向けのKindleが発売されてすぐは品薄で入手困難でしたが,しばらくして落ち着いてきた頃に買ったのが,今愛用しているKindle Paperwhiteです。

e-inkとフロントライトの採用で,寝る前に布団の中で読んでいても目に直接光が入ってこないので脳への刺激も少なく,寝るギリギリまで本を読んでいたい私には最適なアイテムです。
※iPadやiPhoneなどは,バックライトを照射しているので目に光が直接入ってきます。

10月に新モデル発売

そんなKindleにまた新しいモデルが加わるようです。
中でも注目は「Kindle―Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル」です。

ロック画面でキャンペーン情報を流す・・・という条件で2,000円安く販売されるモデルでなんと6,980円

e-ink使用なのですが,フロントライトがないので暗いところでの読書には適さないようですが,普段遣いには十分。しかも,プライム会員ならさらに3,000円分のクーポンがついてくる…ってことは3,980円!?

電子書籍で読書のスタイルは確実に変わる

以前にも一度,Kindleで英語学習に革命が起きているということを書いたことがあります。
電子書籍ならではの特徴が徐々に発揮されつつあります。

何冊も並行して読む癖がある私の場合,Kindleのおかげで荷物が減りました。
とりあえず電車の中で読む本を…と考える必要もなくなりました。
とりあえず色々入っているので,気分が変わったら違う本を開くだけです。

ビジネス本も娯楽小説も洋書も…と普通は同時に持ち歩けませんが,Kindleなら簡単です。

しかも,洋書で良くある話ですが,「なんでこれを1冊にするかなあ…」というような分厚い本でもサイズは一つ。

読書がとっっても快適な時間に変わります。

まだKindleを手にしていない方には,これはすごいチャンスです。

 

関連記事

【本】『春秋左氏伝 ビギナーズクラシック』

『易経』を学ぶなら外せない古典 『易経』が,本来は「占筮の書」であることは誰しもご存知でしょう。

記事を読む

【おススメ】お出かけ時のマインドマップ道具

いつでもどこでもマインドマップ マインドマップの良いところはどんなことにも使えることです。

記事を読む

【易・本】『最高の人生教科書 易経』

縁尋機妙で導かれた易経との出会い 私が『易経』に興味を持つようになったきっかけは,小田全宏先生との

記事を読む

no image

【本】『算数的思考法』

「算数」と「数学」の違い 小学生の間は「算数」と呼び,中学以降は「数学」と呼びます。 なぜなんで

記事を読む

【絵本】『りんごかもしれない』

親父の一言 「なんかマインドマップに近いもんがあるんちゃうか?」と親父がいきなり切り出したのが,「

記事を読む

no image

【追悼】赤瀬川原平さんの死を悼む

「中古カメラウイルス」の発見者 「前衛芸術家・作家の赤瀬川原平氏死去」というニュースが流れました。

記事を読む

【Kindle】Harry PotterとKindle

ハリーポッター熱再燃 毎年1回は何かしらで巡って来る「中つ国」熱に比べて,ハリーポッター熱は数年に

記事を読む

no image

【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。 角川文庫から出版されていた

記事を読む

【マインドマップ】ニーモシネがリニューアル(していました)

マインドマップ用のノートとは? マインドマップを描く道具は「紙とカラーペン」というのは,昨日のエン

記事を読む

no image

【本】『とっぴんぱらりの風太郎』

『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学著/文藝春秋) 「とっぴんぱらりのぷう」と言われても普通は

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑