*

【本】『授業に生かすマインドマップ』

公開日: : 最終更新日:2016/01/31 おススメ, マインドマップ, , ,

具体的にどう使うの?

マインドマップが役に立つらしい…

そういうことは耳にしたことがあっても,では具体的にどんな人がどんな風に使うといいのか?となると,とたんに話が広がりすぎて困ることがあります。

というのも,マインドマップは,まさに老若男女,誰がどんな風にでも使って役に立つ万能ツールであるだけに,「では私が使うのならどんな風に?」というのがかえって分かりにくいこともあるのではないでしょうか。

大学での授業現場で使ってみると…

今回ご紹介する「授業に生かすマインドマップ: アクティブラーニングを深めるパワフルツール」は,メインとしては大学教員の方々を対象に書かれた本です。

特に初年度教育を担当される先生方が,高校までの,ともすれば「受け身」に終始してしまう授業に慣れきった学生たちに,いかに「能動的」「積極的」に学びに取り組ませていくかというときに,マインドマップがいかに有効かということが紹介されています。

スケジュールを管理する,レポートを作成する,授業ノートを取る,予習に活用する…

大学生たちが,学内のさまざまな場面でどのようにマインドマップを活用できるようにしていくのか。
指導の狙いから,実際の指導の手順,どのような反響があったのか…具体的な事例が並べられてあり,非常に興味深いものになっています。

マインドマップを指導するのが・・・という悩みも不要

後半には,ThinkBuzan公認インストラクターの上田誠司氏が,紙上マインドマップ講座ともいうべきレベルで,懇切丁寧にマインドマップの書き方を紹介しています。

それもただのノウハウだけでなく,「なぜいろを使うのか?」「なぜこのような構造になっているのか?」という背景もちゃんと解説されているので,マインドマップそのものへの理解も深まります。

そうした理解があればあるほど,もっと自由に,大胆に使いこなせます。

大学生が学びの初期段階でマインドマップというツールを知り,身につけることができたら,その後の学生生活は相当充実したものになるはずです。

この本が一人でも多くの人の手元に届くことを期待しています。

関連記事

no image

「偏愛マップ」を描いてみましょう

昨日(4月20日)は,マインドマップを受講仲間との研究会を開催していました。 受講仲間でマ

記事を読む

no image

【本】『孟子』

松蔭の愛した『孟子』 日頃から『易経』を手にしているのですが,『論語』を始めとする四書五経を一通り

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間で,最もiMindMapに造詣の深い金子さんが

記事を読む

【本】新体系・中学数学の教科書(上・下)

算数から数学へ 私は今,RAKUTOという学習塾で子供達を相手に授業をしています。 子供

記事を読む

no image

日本赤十字社の取組から

日本赤十字社が「新しい幼児安全法短期講習」として,親子でマインドマップを描きながら,楽しく事故予防に

記事を読む

【本】ボールジャグリング百科

ジャグリングの独学は結構辛いもの ボールジャグリングに興味を持ったものの,身近に指導者がいるわけで

記事を読む

【文具】ステッドラー ジャンボ3色えんぴつ

おしゃれな雑貨屋 Angers 河原町通三条上がる,本能寺の裏口のすぐ横におしゃれな雑貨屋さんアン

記事を読む

【本】『易聖・高島嘉右衛門 乾坤一代男』

易聖・高島嘉右衛門の軌跡 7月19日付のブログ記事で『「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生

記事を読む

no image

【日常】平城京跡・奈良を散策してきました

今日は,マインドマップ仲間と,「とあるイベント企画」の下見に,奈良は平城宮跡に行ってきました

記事を読む

【マインドマップ】ピュアカラー36色

マインドマップを描く道具 マインドマップを描くために必要なものといえば, 紙(A4以上が望ましい

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑