*

【本】『授業に生かすマインドマップ』

公開日: : 最終更新日:2016/01/31 おススメ, マインドマップ, , ,

具体的にどう使うの?

マインドマップが役に立つらしい…

そういうことは耳にしたことがあっても,では具体的にどんな人がどんな風に使うといいのか?となると,とたんに話が広がりすぎて困ることがあります。

というのも,マインドマップは,まさに老若男女,誰がどんな風にでも使って役に立つ万能ツールであるだけに,「では私が使うのならどんな風に?」というのがかえって分かりにくいこともあるのではないでしょうか。

大学での授業現場で使ってみると…

今回ご紹介する「授業に生かすマインドマップ: アクティブラーニングを深めるパワフルツール」は,メインとしては大学教員の方々を対象に書かれた本です。

特に初年度教育を担当される先生方が,高校までの,ともすれば「受け身」に終始してしまう授業に慣れきった学生たちに,いかに「能動的」「積極的」に学びに取り組ませていくかというときに,マインドマップがいかに有効かということが紹介されています。

スケジュールを管理する,レポートを作成する,授業ノートを取る,予習に活用する…

大学生たちが,学内のさまざまな場面でどのようにマインドマップを活用できるようにしていくのか。
指導の狙いから,実際の指導の手順,どのような反響があったのか…具体的な事例が並べられてあり,非常に興味深いものになっています。

マインドマップを指導するのが・・・という悩みも不要

後半には,ThinkBuzan公認インストラクターの上田誠司氏が,紙上マインドマップ講座ともいうべきレベルで,懇切丁寧にマインドマップの書き方を紹介しています。

それもただのノウハウだけでなく,「なぜいろを使うのか?」「なぜこのような構造になっているのか?」という背景もちゃんと解説されているので,マインドマップそのものへの理解も深まります。

そうした理解があればあるほど,もっと自由に,大胆に使いこなせます。

大学生が学びの初期段階でマインドマップというツールを知り,身につけることができたら,その後の学生生活は相当充実したものになるはずです。

この本が一人でも多くの人の手元に届くことを期待しています。

関連記事

【本】『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』

村上春樹のファンという照れくささ 「今年こそノーベル文学賞を受賞するのでは?」…と毎年,日本中から

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』店頭ディスプレイ

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間の金子さんが書かれた『デジタルマインドマップ超

記事を読む

【文具】ステッドラー ジャンボ3色えんぴつ

おしゃれな雑貨屋 Angers 河原町通三条上がる,本能寺の裏口のすぐ横におしゃれな雑貨屋さんアン

記事を読む

【Kindle】Harry PotterとKindle

ハリーポッター熱再燃 毎年1回は何かしらで巡って来る「中つ国」熱に比べて,ハリーポッター熱は数年に

記事を読む

【易経】『易経講話』

『易経講話』(公田連太郎・明徳出版社) 昨日紹介した『易を読むために』でも紹介されてい

記事を読む

【講師の七つ道具】クッシュボール

「講師の七つ道具」のご紹介 マインドマップ・インストラクターは,いわゆる「セミナー講師」ですが,セ

記事を読む

【日常】ダイエットの効果

ダイエットにチャレンジ中 昨日,久々に山歩きをしたのですが,そこで「あ,ダイエットの効果があるな」

記事を読む

no image

舞台裏をお見せします

「マインドマップってどんなものなんですか?」と人に聞かれた時に,手元にノートがあれば内容的に見せても

記事を読む

【マインドマップ】体験講座 『易経』超入門

マインドマップを体験してみよう 「マインドマップ」という言葉は聞いたことがあるけど,どう役に立つの

記事を読む

no image

【マインドマップ】デジタルマインドマップの入門書

ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター仲間の金子さんが,iMindMapの入門書を出

記事を読む

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

no image
【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑