*

【本】『算数的思考法』

公開日: :

「算数」と「数学」の違い

小学生の間は「算数」と呼び,中学以降は「数学」と呼びます。
なぜなんでしょう?

「国語」は「国語」のままです。高校以降,細分化されて「現代文」「古文」「漢文」と呼ぶようになっても,まとめていうときには「国語」です。

他の「理科」「社会」も同様です。

でも「算数」だけは中学以降,復活することはありません。

「算数」にしかない世界

「算数」と「数学」の違いにはいろんな考えがあるでしょうし,私は数学を専門としているわけではないので,「正確な定義」をわきまえているわけではありません。

ただ,あらためて「算数」を眺め直して思うのは,本当に「数学」とは違う世界だなということです。

同じような問題を一次方程式で解くことができるものを,つるかめ算などの「特殊算」と呼ばれるもので解こうとします。なぜなんでしょう?なぜ「方程式」を使ってはいけないんでしょう?

それだけが違いというわけではありませんが,何かそこに大きな断絶を感じます。

「算数」はもっと具体的で現実的で,実体があります。
「数学」はそれをどんどん抽象化していきます。頭の中だけで世界が作れるような,そういう世界を構築していこうとします。

「算数的思考」とは?

そういう違いを感じた上で,この「算数的思考法 (岩波新書)」を読んでみると,日々の生活に欠かせない視点がたくさんあることに気づきます。

目次で章を拾ってみます。

体験が納得を深める
疑問をもつ,疑問に答える
あきらめずに頑張る
タネは自分の中にある
助けを借りて磨く
心に火をつける

こういった章名のどれかが気になった方なら,手に取ってみると面白いでしょう。

評価としては・・・

算数を教える立場にある人・・・それは小学校の教師,塾講師のみならず,子供の勉強を見る親御さんも含めて,「算数って何が面白いの?」という疑問に答えるいろんなアプローチを知りたい人は読んでおくといいと思う本。

たとえばビジネスマンとして,日々の業務や生活に活かせないか・・・ということだとヒントはあるでしょうが,もっと他にいいものがありそうな気もする,そんな印象を受けました。

やや物足りない。もっと面白いネタを持っていらっしゃいそうなのに,途中で引っ込めてらっしゃるのでは?実際に話を聞くと面白いんじゃないだろうか?という期待感はありますが。

星5つのうち3.5ぐらいの評価でしょうか。

 

関連記事

おとなの塗り絵の楽しみ

噂には聞いていたけれども… 「大人の塗り絵」というフレーズを耳にするようになったのは,何年ぐらい前

記事を読む

no image

【本】リサ・ランドール 異次元は存在する

NHK「未来の提言」から 2007年5月発売ですが,おそらく放送自体は2005年ではないかと思いま

記事を読む

【電子書籍】Kindleニューモデル

新しいKindleが出る AmazonからKindleの新しいモデルが発表されています。 「

記事を読む

【本】韓非子 ビギナーズ・クラシック

名前だけは知っている 古代中国の春秋・戦国時代に様々な学者が現れ,それぞれの考えを大いに喧伝しまし

記事を読む

【Amazon】Kindleの新モデル

一度使うと手放せない 日本向けのKindleが発売されてすぐは品薄で入手困難でしたが,しばらくして

記事を読む

no image

【本】『中学受験に失敗しない』

中学受験とはなんぞや? 私は中学受験はしていなくて,高校から京都の私立の進学校に通いました。

記事を読む

【本】『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』

村上春樹のファンという照れくささ 「今年こそノーベル文学賞を受賞するのでは?」…と毎年,日本中から

記事を読む

【本】DIVE!!

おすすめの本とは? 先日,ラジオで「中高生向けおすすめの本」という話題で投稿募集があり,なんと1位

記事を読む

no image

【本】『孟子』

松蔭の愛した『孟子』 日頃から『易経』を手にしているのですが,『論語』を始めとする四書五経を一通り

記事を読む

no image

【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵 小学校高学年の頃のことだと思います。 角川文庫から出版されていた

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑