*

【本】『算数的思考法』

公開日: :

「算数」と「数学」の違い

小学生の間は「算数」と呼び,中学以降は「数学」と呼びます。
なぜなんでしょう?

「国語」は「国語」のままです。高校以降,細分化されて「現代文」「古文」「漢文」と呼ぶようになっても,まとめていうときには「国語」です。

他の「理科」「社会」も同様です。

でも「算数」だけは中学以降,復活することはありません。

「算数」にしかない世界

「算数」と「数学」の違いにはいろんな考えがあるでしょうし,私は数学を専門としているわけではないので,「正確な定義」をわきまえているわけではありません。

ただ,あらためて「算数」を眺め直して思うのは,本当に「数学」とは違う世界だなということです。

同じような問題を一次方程式で解くことができるものを,つるかめ算などの「特殊算」と呼ばれるもので解こうとします。なぜなんでしょう?なぜ「方程式」を使ってはいけないんでしょう?

それだけが違いというわけではありませんが,何かそこに大きな断絶を感じます。

「算数」はもっと具体的で現実的で,実体があります。
「数学」はそれをどんどん抽象化していきます。頭の中だけで世界が作れるような,そういう世界を構築していこうとします。

「算数的思考」とは?

そういう違いを感じた上で,この「算数的思考法 (岩波新書)」を読んでみると,日々の生活に欠かせない視点がたくさんあることに気づきます。

目次で章を拾ってみます。

体験が納得を深める
疑問をもつ,疑問に答える
あきらめずに頑張る
タネは自分の中にある
助けを借りて磨く
心に火をつける

こういった章名のどれかが気になった方なら,手に取ってみると面白いでしょう。

評価としては・・・

算数を教える立場にある人・・・それは小学校の教師,塾講師のみならず,子供の勉強を見る親御さんも含めて,「算数って何が面白いの?」という疑問に答えるいろんなアプローチを知りたい人は読んでおくといいと思う本。

たとえばビジネスマンとして,日々の業務や生活に活かせないか・・・ということだとヒントはあるでしょうが,もっと他にいいものがありそうな気もする,そんな印象を受けました。

やや物足りない。もっと面白いネタを持っていらっしゃいそうなのに,途中で引っ込めてらっしゃるのでは?実際に話を聞くと面白いんじゃないだろうか?という期待感はありますが。

星5つのうち3.5ぐらいの評価でしょうか。

 

関連記事

【セミナーメモMM】Amazon Kindleダイレクト出版のセミナー

始まりは起業家達の「勉強会」から 今日はこんなセミナーに参加してきました。 Amazon Kin

記事を読む

【本】韓非子 ビギナーズ・クラシック

名前だけは知っている 古代中国の春秋・戦国時代に様々な学者が現れ,それぞれの考えを大いに喧伝しまし

記事を読む

【Kindle】Harry PotterとKindle

ハリーポッター熱再燃 毎年1回は何かしらで巡って来る「中つ国」熱に比べて,ハリーポッター熱は数年に

記事を読む

【辞典類】日本語の表記は奥深いので…

今朝のメルマガに書いた話なのですが… まぐまぐ「1日1粒!『幸せのタネ』」2014年4月17日

記事を読む

【本】『横浜をつくった男』

易聖・高島嘉右衛門 『易経』に興味を持って,少し勉強すれば,必ずこの名前を目にします。 易聖・高

記事を読む

【本】『デジタルマインドマップ超入門』店頭ディスプレイ

TLI(ThinkBuzan公認インストラクター)仲間の金子さんが書かれた『デジタルマインドマップ超

記事を読む

【本】「ラジオ番組表・2015春」

ラジオ雑誌を買ってみた ラジオ関連の雑誌は,機器類に関するマニアックなものが多い,という印象なので

記事を読む

【本】『易断に見る明治諸事件』

「鉄道の日」に易聖を偲ぶ 今日,10月14日は「鉄道の日」 明治5年に,新橋駅と横浜駅間で鉄道が

記事を読む

no image

【本】『とっぴんぱらりの風太郎』

『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学著/文藝春秋) 「とっぴんぱらりのぷう」と言われても普通は

記事を読む

no image

【本】『竜馬がゆく』

15歳の春に 司馬遼太郎の小説に初めて「はまった」のが,この『竜馬がゆく(文春文庫)』だったと記憶

記事を読む

no image
iMindMapアプリでセミナーメモ

マインドマップでセミナーメモ セミナー,講演会などに参加した時に,そ

【本】『東京ラブストーリー After 25 years』

思いがけない単行本化 昨年1月下旬発売の『週刊ビッグコミックスピリッ

no image
【本】『小暮写眞館』

ブログ再開 気がつけば半年近くもブログを更新していませんでした。

【本】『考える鉛筆』

やっぱり鉛筆が好き 文房具好きにも色々なタイプがあって,なんでも好き

【日常】あれこれお買い物

気楽なエントリー 久しぶりのブログです。 毎日メルマガで発信し

→もっと見る

PAGE TOP ↑